広告 フード・サプリ 便利グッズ 病気とのお付き合い

【長生きの準備】高齢猫の健康をサポート おすすめサプリ、フード、ケア用品

2022年12月15日

概略

高齢猫のケアには、食事やサプリのほか、介助用品など、お家にあると便利なアイテムがたくさんあります。

すぐに全部必要という訳ではありませんが、一度、「こういう方法もあるんだ」と、眺めていただけると良いかなと思います。

 

 

1. 高齢猫さんのお家での経過観察ポイント3つ!

これらの項目は、「以前と比べて」など、時間軸で変化を把握することが重要です。

 

こまめにチェック!

  • 食欲の有無(実際に食べている・飲んでいる量を把握)
  • 体重の増減(○○g増えた・減ったを把握)
  • 排尿・排便の様子(排尿量、軟便や便秘が続いてないかどうか)

 

2.食べ物(療法食・非療法食)

食べ物と健康状態は大きな関わりがあります。

高齢猫の健康に考慮されたフードには、療法食と、療法食でないフード(総合栄養食)が販売されています。

 

療法食によって健康を害する場合もあるの?

ペットフードの表記には、総合栄養食と表記できるか、栄養素の基準があります。

療法食は、特定の栄養素を「制限」することが多いので、総合栄養食の基準を満たさない場合もあります。

良かれと思って…という事になりかねないので、療法食は、獣医師の診察や栄養相談を受けながら使用するようにしてください。

 

食事療法食(腎臓系)は、特定の栄養素(タンパク質やリン)を「制限」しているから気を付けて使わないとダメ

 

腎臓病療法食

猫の慢性腎臓病用の療法食には、

完全に動物病院専売の流通制度で販売されるものと、通販サイトでも販売・流通されているフードがあります。

 

一部のメーカー、商品は、通販サイトには流通させず、

購入の際に動物病院コードなどで、動物病院のアドバイスを受けていることを確認する方法を使用しています。

《例》ロイヤルカナン Dライン,ピュリナ プロプラン ベテリナリーダイエット

 

猫の腎臓病療法食については、👇こちらの記事で一覧をご紹介しています。

2022.12改訂版

 

「どれがお奨め?」とよく聞かれますので、私は個人的にスペシフィックを挙げますが、

タンパク質やリンの制限といったコンセプトは、どのメーカーも同じような目的で作られています。 

 

慢性腎臓病は、タンパク質、リンの制限とともに、血管・血流をスムーズにケアできるような栄養素が含まれていると良いと感じています。 

スペシフィックは単に「魚油」という表記ではなく、EPAやDHAといったオメガ3-脂肪酸に対してこだわりを持っているブランドだと感じています。

(スペシフィックの詳しい製品情報は⇒プロダクトブックから閲覧可能です)

 

スペシフィック 腎心肝アシスト

 

血管・血流をスムーズにケアできるような栄養素(オメガ3-脂肪酸)が含まれているのが👍ポイント

 

療法食では、タンパク質の制限が重視されているものも多いですが、

タンパク質に関しては、最適なバランスがどれくらいなのか…研究は続いています。

 

極端な制限し過ぎはダメ。足し算・引き算のバランスが大切。

 

療法食ではないもの(腎臓の健康に考慮)

療法食でない総合栄養食のカテゴリーで、猫の腎臓の健康に配慮したフードは多く見かけます。

ペットフードの表記のルールで、「総合栄養食」か「一般食」かという栄養基準による分類があります。

「総合栄養食」は次のように表示されています。
「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。」または「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています。」
ペットフード公正取引協議会では、総合栄養食を証明する基準として、世界的に認められた小動物の栄養基準となっているAAFCO(全米飼料検査官協会)の分析試験による栄養基準、または給与試験プロトコールを採用しています。

引用元:ペットフード公正取引協議会・表示について

栄養素のバランス・過不足を考慮した場合、総合栄養食の表記があるフードをメインに選ぶことをお奨めします。

 

療法食も作っているメーカーの総合栄養食

ロイヤルカナンや、ヒルズ、ピュリナなど、療法食を作っているメーカーは、

常に最新の獣医学の知見を取り入れる努力を行っています。

 

そろそろ食べ物について考えてみようかな?という年齢に差し掛かった場合には、こういったメーカーのフードから試してみると良いと思います。

 

ステアライズド (活動量少なめ、室内猫、避妊去勢してある猫、におすすめ)

インスティンクティブ(活動量が多め、未避妊去勢の猫、におすすめ)

 

サイエンスダイエット プロ シニア 腎臓・心臓ケア

 

ピュリナ ワン キャットフード キャット 健康マルチケア

 

総合栄養食に特化したブランド

猫さんは食べ物の好み(こだわり)が強い動物だと言われますが、

味にうるさいという訳ではなく、食べ慣れないものに警戒心が強いという感覚だと思います。

若いころから食べ慣れているブランドのフードなら、フードの変更も難しくないことが多いです。

カルカン ドライ 腎臓の健康維持用

 

ジェーピースタイル 和の究み 猫用セレクトヘルスケア 腎臓ガード

 

AIM30もおすすめ

 

 

投薬補助・おやつ

投薬におやつを使うのはダメだという意見もありますが、

錠剤や粉薬、猫ちゃんに投薬するのは嫌がるし、ココロ折れそうになります。

苦痛な投薬の時間がすこしでも嬉しい時間になってほしいと思います。

 

投薬が苦痛なだけの時間になりませんように

 

高齢猫の健康に配慮した低リン・低ナトリウムちゅーるも市販されています。

 

3.サプリメント

 

サプリメントには、栄養素を補充するためのサプリと、排泄を促すサプリの2種類があります

 

吸着系

吸着系のサプリメントは、健康をサポートする栄養素を補充するサプリではなく、

過剰摂取された物質を腸の中で吸着して、そのまま便の中に排泄させようというサプリメントです。 

 

リンや尿毒素を吸着

 

整腸系

乳酸菌・食物繊維

栄養素の入り口、腸内環境を整えて、身体の健康をサポートという腸活の概念は、猫の身体にも当てはめる事ができます。

とくに、腎機能が弱ってくると、身体の水分バランスが崩れて、下痢や便秘が長引いてしまう事が多々あります。

この先、一生、薬を飲んで下さいとなる前に、できる事があると思います。

 

乳酸菌って生きたまま届かないと意味ないの?

 

補給系

慢性腎臓病になると、エリスロポエチンという造血ホルモンが少なくなり、腎性貧血を引き起こすことがあります。

貧血には、その他にもビタミンB群の不足によるものや、鉄分が不足する事で起きるものもあり、サプリメントによって補ってあげる場合があります。

また、尿量が増える事から起きるカリウムの不足にもよく遭遇します。

猫用のカリウム補給サプリは、念のため、かかりつけの獣医師と相談していただき、カリウム値が高くない事を確認してから、使用してください。

 

ビタミン、鉄、カリウム

猫には必須のアミノ酸のタウリンと、ビタミンB群が同時に補えるタウビタB

タウビタB

 

鉄分ビタミンB群が補えるペットチニック

ペットチニック

 

かつお節エキス配合で、嗜好性が抜群のPEクエン酸カリウム

クエン酸カリウム犬猫用

 

体重・筋力維持

診察の際に、「この子、痩せてますか?太ってますか?」という質問をよく受けます。

高齢の猫さんの場合、太っている事よりも、痩せていく事が心配で、筋肉量の維持が大きなポイントになります。

エネアラ 5-アミノレブリン酸(5-ALA)配合

もともとエネアラは、ドロドロ血やぽっちゃりの子で、体重の調節をサポートする際の燃焼系サプリですが、

脂肪燃焼⇒筋肉がつく、という好循環を生み出すのでは?と、注目されています。

 

🐈猫さんには続けやすい🐟カツオ風味

 

3.健康管理

病院での血液検査だけが、経過観察ではありません。

お家の方が、ちょっとした変化を見つけやすい場合も多いです。

 

 

体重計

体重の減少が
5%までなら→要観察(2~4週間)
5~10%なら→対応必要
10%を超える減少→深刻!

例えば・・・いつも4kgの猫さんが
3.9kg・・・100g減少=2.5%減少
3.8kg・・・200g減少=5%減少
3.7kg・・・300g減少=7.5%減少
3.6kg・・・400g減少=10%減少

となります。 

 

体重測定や排尿を確認など、お家で日常の記録をつけられる方法もありますので、検討されてみてはいかがでしょうか?

 

》Catlog Boardを使用する事で結果的に医療費の節約になった症例

 

血圧計

慢性腎臓病と高血圧を併発している場合、高血圧が心臓•血管、眼、脳へ悪影響を及ぼす事があります。

 

高血圧による臓器への影響の一部

 

高血圧かどうかの判断・診断には血圧測定を行いますが、高血圧の診断は、慎重に行う必要があります。

特に猫さんでは、病院、診察室での血圧は高めに出ることが多く、時間をかけて何度か測定するか、

場合によっては、ご自宅での血圧測定をお願いする場合があります。

 


 

ERDEの動物用血圧計(PES-1700)は、

家庭用の動物用一般医療機器として認可を取得したペットのための血圧計です。

「ERDE」のロゴが入っていない安価な模造品も多く流通しています。

正規品を取り扱われている「いま何度」さんから購入されることをお奨めします。

動物用医療機器製造販売番号:第29-82号
クラス分類 一般医療機器

 

 

高血圧についてはこちらもご参照ください

 

4.介護用品いろいろ

年齢を重ねる事によって、今まで出来ていた事ができなくなったり、色々な苦痛を訴える事も出てきます。

高齢猫の夜鳴きは、『認知症だからしょうがないよね』と、片づけられがちですが、一度、苦痛の元を探ってあげる事も大切です。

 

にゃんこスロープ・ステップ


 

体位変換クッション/体圧分散マット


 

5.食器関連

お歳をとってくると、 首の上下も辛くなります。 食欲が湧く工夫の一つ。

食器は首の下くらいの高さまで底上げしてあげると良い場合があります。

 

 

ルルパスタンド


 

同様のコンセプトで、FUKUMARUからも、スタンド付き食器が販売されています。

 

猫壱

猫用 脚付フードボウルの元祖は、猫壱さんではないでしょうか?

 

  

2024/6/5

昏睡状態の猫に対する治療継続の判断材料~猫の末期治療~

療養中の猫が昏睡状態になった時、皮下点滴、強制給餌、毎日の投薬を続けるべきか? 治療を続けるか中止するかの判断材料を考えてみたいと思います。 猫の末期治療の意義 皮下点滴の目的 皮下点滴は、猫の脱水を防ぎ、体内の水分バランスを保つために重要です。 特に末期の猫では、食事や飲水が難しくなることが多いため、皮下点滴による水分補給が必要となります。 ※栄養素の補給ではなく水分の補給であるという認識が重要です   昏睡状態の猫に対してどこまで有効かは議論の余地があります。 点滴は一時的に猫の体調を安定させる効果が ...

ReadMore

2024/5/15

高齢猫の歯ぎしり:考えられる原因と対策

猫さんが歯ぎしりをしているような仕草をしている時の、 原因と対策について簡単にご紹介します。   高齢猫の歯ぎしりはさまざまな原因が考えられます。 早期発見と適切な対策を講じることで、猫の健康と快適さを保ちましょう。 疑問や悩みがある場合は、すぐに獣医師に相談することをお勧めします。   1. 痛みや不快感の兆候? チェックポイント 猫自身が前足で口を気にしているようなそぶりを見せていますか? 痛みがひどい場合、食事量(摂食量)が低下します。 食欲は落ちていない事もあります。 その場合、食欲はあるのに痛く ...

ReadMore

2024/5/15

下痢止めと整腸剤の違いと使い分け

猫さんが下痢をした際、 動物病院で処方される薬には「下痢止め」と「整腸剤」の2種類があります それぞれの違いと、獣医師がどのように使い分けているのかをご紹介します   下痢止めと整腸剤の違い 下痢止め 下痢止めは、下痢の症状を一時的に抑えるための薬です。 腸の動きを一時的に抑制することで、下痢を止める効果があります。 速やかな症状の改善が期待できる一方で、下痢の原因そのものを治療するわけではありません。 短期間の使用が一般的です。   整腸剤 整腸剤は腸内の健康をサポートするための薬です。 腸内細菌のバラ ...

ReadMore

2024/5/14

正常はどれくらい?『飼い猫の飲水量が多い気がする』

猫の飲水量と排尿量を把握する重要性 猫さんの健康を守るためには、 日常的な飲水量や排尿量の観察が欠かせません。 個体差があるため、通常のパターンを知り、変化を見逃さないことが大切です。 健康な猫の基準(目安) 観察のポイント 記録の方法 獣医師に相談するタイミング まとめ 健康な時から飲水量・排尿量を記録し、変化を早期に察知することが重要です。 異常が見られたら早めに獣医師に相談しましょう。

ReadMore

2024/6/14

【よくある質問】猫の慢性腎臓病(CKD)と食事管理:リン制限の目的/役割は?

      ねこちゃん専用、腸内サプリメント【kokona-ここな-】     進行を遅らせ、腎機能を保護するために推奨 食事療法は、猫の慢性腎臓病(CKD)の管理において重要です リンの制限は、病気の進行を遅らせます​  リンは、猫の体内でカルシウムと結合し、猫の腎臓に負担をかけます リンの制限は腎臓の機能を保護するために推奨されています   リン制限が猫の腎臓に与える影響について調査した研究があります。   一方、リン制限によって高カルシウム血症が引き起こされる可能性もあり、最適な食事療法は、まだ明ら ...

ReadMore

-フード・サプリ, 便利グッズ, 病気とのお付き合い