フード関連 病気とのお付き合い

【猫の腸活】~乳酸菌・可溶性繊維・不溶性繊維・消化器サポート~を、ざっくり解説

 

生きて腸まで届く乳酸菌や、食物繊維で善玉菌を増やそうなど・・・

近年、免疫機能の改善に腸活を!という情報は多く入ってきます。

でも、具体的に…

  • 食物繊維ってどんなもの?
     
  • 乳酸菌って生きて腸まで届かないと意味ないの?
     
  • 肉食動物の猫と、人や犬の腸は違うんじゃない??
     

といった、疑問を整理してみたいと思います。

 

腸活の概念

古くから、日本では腸内細菌の研究が盛んで、腸内細菌のバランス"腸内フローラ"は、体調…とくに免疫機能と密接に関係していることが明らかになってきました。

腸内フローラの乱れは、下痢・便秘だけではなく、免疫が関係する炎症性腸疾患をはじめ、様々なアレルギー性疾患との関係が見られます。

「腸に良い食生活は、身体全体の健康をもたらす」…医食同源という考え方にも直結する、腸活の基本的な概念です。

 

 

腸内細菌

便は最終的に大腸が水分を吸収して固形状になりますが、腸内細菌が消化された食べ物を発酵・分解して便を作っています。

大腸の表面には1000種類とも100兆個以上ともいわれる 「腸内細菌」が存在していて、腸内フローラ(お花畑)と言われています。

腸内細菌は、有益な働きをする善玉菌下痢や消化不良の元になる悪玉菌のバランスが重要ですが、善玉と悪玉のどちらとも言い切れない日和見菌というものが全体の7割ほどを占めます。

善玉菌は、消化物が発酵するときに増殖して、酵素 (食べ物の消化や化学反応を助ける物質)やビタミンなどを作ってくれます。

 

 

食べ物の発酵は、動物種・食べているものによって大きく変わってきます。

草食動物と肉食動物雑食性の動物で、腸内細菌のバランスが違います。

草食動物でも、反すうをして食べ物を消化する牛やヤギは、胃袋(第1胃)の細菌が発酵を行い、馬の消化管では大腸で発酵が行われます。

 

整腸作用を期待するサプリメントを使用する場合は、「犬猫用」より、「犬用」「猫用」と分かれている方が、動物種による違いを考慮されていると思います。

エスプレスH61(猫用)

 

エスプレスH61(犬用)

 

腸内細菌のうち善玉菌は、消化酵素を作ってくれます。

動物の本来分泌する消化酵素(胃液など)だけでは食物繊維を分解できませんが、善玉菌はこれを消化してくれます。

食物繊維は消化されると、善玉菌が増える栄養になっていく…という好循環が生まれます。

 

2022/8/6

☆猫用☆腎臓病療法食ナビ 私的にはスペシフィック推し

  はじめに 獣医さんから、「猫さん腎臓が悪くなってますね」と言われた時、おそらく「食事療法も始めましょう」という提案がされると思います。 食事療法は タンパク質の制限リンの制限水分をしっかり補給体重の維持 を目的に作られています。   コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   日本で販売されている療法食は、これらの目的を満たすという点では、どれも遜色ないものだと思います。 素材や保存料、原産地や原料、こだわりたい点も少なくないですが、一番大きなハードルは、「食べてくれるかどうか?」か ...

ReadMore

2022/8/11

猫用 スペシフィックフード 選択ガイド

  スペシフィックをお奨めする理由     オメガ-3脂肪酸って?? スペシフィック製品、最大のセールスポイントが、「オメガ3脂肪酸」。 お魚の良質の脂、EPAやDHAで有名です。 炎症を抑える作用と、免疫反応の調節に関わり、病気の予防・悪化に関わる栄養成分です。 血液の流れをスムーズにし、全身の血の巡りにも関わります。   猫用サプリ「シニア猫の健康維持に」初回半額お試しキャンペーン実施中!2,827円⇒1,414円!猫用サプリ【毎日一緒 DHA&EPA】   疾患別の適応商品 尿路系の病気 ストラバイ ...

ReadMore

2022/8/7

ロイヤルカナン犬用製品欠品(代替品)情報~2022.8.7更新~

ロイヤルカナン犬用療法食の欠品情報です。

ReadMore

2022/4/11

Hill's(ヒルズ)犬用製品欠品情報~2022.4.4更新~

犬用ヒルズ製品の欠品情報です。

ReadMore

2022/8/5

高齢猫の夜鳴き ~原因、対策は? 認知症?老化?仕方ない?~

  高齢猫の夜鳴き ~病的なもの~ 病的なものが原因となる場合、"痛み"を伴っているものが考えられます。 頭痛・・・高血圧を伴う病気(慢性腎臓病や甲状腺機能亢進症)など 腹痛・・・膀胱炎、便秘など 関節痛・・・関節炎、骨軟骨異形成症など 口内痛・・・歯肉炎、歯周病など   ケア方法 高血圧がみられる場合には、血圧をコントロールするお薬を始めます。 甲状腺機能亢進症の場合は、抗甲状腺ホルモン薬の処方を検討します。 骨や関節からくる痛みには、鎮痛剤が処方される場合が多いですが、なるべく長期の連用は避けたいので ...

ReadMore

 

食物繊維

例えばロイヤルカナンの消化器サポート(ドライ)には、「可溶性繊維」の表示があるタイプとないタイプがあります。

一般的には、下痢をしているときには、

猫用 消化器サポート

 

便秘をしているときには、

猫用 消化器サポート(可溶性繊維)

を奨められることが多いと思います。

 

食物繊維には「可溶性繊維(水溶性繊維ともいいます)」と、「不溶性繊維」の2種類の繊維質があります。

 

可溶性繊維

便をやわらかくする働き。摂り過ぎると下痢を起こす場合があります。

 

不溶性繊維

水分を吸い込んでふくらみます。腸を刺激して排便を促しますが、摂り過ぎると、便が固くなったり、便の量が多くなり便秘の原因となる場合もあります。

 

身体の健康に良いもの・必要なものであっても、バランスよく摂取することが大切です。

 

猫用 腸内バイオーム 繊維/消化ケア

 

 

減量用フードと不溶性食物繊維

猫用の減量用フードには、満腹感を維持するために食物繊維の含有量を増やしているものがあります。

猫用 満腹感サポート ドライ

 

ヒルズ 猫用 r/d ドライ

 

これら原料用フードに含有されている食物繊維は、主に不溶性食物繊維で、食べる量のわりに低カロリーで、便の量が増える傾向があります。

便秘がちな猫の場合は、食事切り替えの際に注意が必要です。

 

乳酸菌~生きたまま腸に届く・・・

腸で糖質を分解して乳酸を作り出す細菌を、乳酸菌といいます。

乳酸菌は、食べ物が腐敗して有害物質が発生するのを抑えるので、「善玉菌」と言われます。

 

カリナール2

腸活の概念は、腎臓の機能が落ちた際にも役立ちます。

乳酸菌が消化管内の窒素物を分解して毒素を排泄する、補助的な役割も期待されています。

 

アゾディル カプセル

冷蔵での流通、厳しい温度管理で生きて腸まで届くアゾディル カプセル

 

余談ですが、食べ物に含まれる乳酸菌は、胃酸によって腸に届く前にそのほとんどが死んでしまいます。

ただ・・・

生きて腸まで届かなくても、死んでしまった乳酸菌は腸内でほかの善玉菌を増やす栄養になるので、 腸内環境の改善に役立ちます。

 

ビオフェルミンをあげてもいいですか?

人用のビオフェルミンを猫に与えても問題ありませんが、

食べ物の消化は、動物種や食べているものによって大きく変わってきます。

 

草食動物と肉食動物、雑食性の動物で、腸内細菌のバランスが違います。

『ヒトにはヒトの乳酸菌』というキャッチコピーがあるように、

猫には、猫用の乳酸菌と書かれている方が、猫の腸のことを考慮されていると思いますよ。

 エスプレスH61(猫用)

 

 

2022/9/21

【猫用高血圧薬】赤いセミントラ登場 ~慢性腎臓病の合併症対策~

    セミントラ 10mg/mL経口液が承認・発売 慢性腎臓病の猫さんで、「セミントラ」を処方されている子は多いと思います。 水色に赤いラインのラベル。 「テルミサルタン」という有効成分(薬品名)の飲みぐすりです。 タンパク尿を抑えることが目的で処方されます。   赤色に水色ラインのラベルのセミントラが承認・発売されました。 こちらは、タンパク尿を抑える事と、高血圧の治療を目的に処方されます。   2つの違いは? 濃度と適応の効能・効果   慢性腎臓病の猫さんに処方されるセミントラですが、 腎臓の機能を ...

ReadMore

2022/9/21

【猫の腸活】~乳酸菌・可溶性繊維・不溶性繊維・消化器サポート~を、ざっくり解説

    腸活の概念 古くから、日本では腸内細菌の研究が盛んで、腸内細菌のバランス"腸内フローラ"は、体調…とくに免疫機能と密接に関係していることが明らかになってきました。 腸内フローラの乱れは、下痢・便秘だけではなく、免疫が関係する炎症性腸疾患をはじめ、様々なアレルギー性疾患との関係が見られます。 「腸に良い食生活は、身体全体の健康をもたらす」…医食同源という考え方にも直結する、腸活の基本的な概念です。     腸内細菌 便は最終的に大腸が水分を吸収して固形状になりますが、腸内細菌が消化された食べ物を発酵 ...

ReadMore

2022/9/21

【猫の皮下点滴と静脈点滴、くらべてみました】効果は?ストレス、苦痛は?~慢性腎臓病~

  コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   そもそも薬が効くためには・・・ 薬が効くためには、血管の中に薬の成分が入り(吸収)、血流に乗って全身に行き渡る(分布)事が必要です。 薬を身体に入れる方法(投与経路)は、次のようなものがあります。 経口投与(のみぐすり)  皮下投与  筋肉内投与  静脈内投与  外用薬(塗り薬・スポットオン)  坐薬・舌下投与(経粘膜投与)    投与経路によって、薬剤が血管に入るまでのスピードが違います。   先ほどの6つの中では、静脈内投与が(血管にダ ...

ReadMore

2022/9/21

【飲水量を増やす】猫の水分補給に使えるおすすめアイテム5選【脱水予防】

    ゼリータイプ 【あす楽】【犬猫用 脱水ケア ゲル 360g(15g×3×8)×1箱】【ベッツセレクション】【イースター】【スティック】【水分補完食】 (発) posted with カエレバ 楽天市場で探す Amazonで探す Yahooショッピングで探す イースター 脱水ケア・ゲル   15gずつの使い切り包装なので、無駄なく少量ずつ、新鮮に使えます。 ゼリータイプのパウチの端っこ、プルプル部分のようなゲルで、旨味が閉じ込めてあります。   スープタイプ アースバイオケミカル APPE アペ 3 ...

ReadMore

2022/8/5

高齢猫の夜鳴き ~原因、対策は? 認知症?老化?仕方ない?~

  高齢猫の夜鳴き ~病的なもの~ 病的なものが原因となる場合、"痛み"を伴っているものが考えられます。 頭痛・・・高血圧を伴う病気(慢性腎臓病や甲状腺機能亢進症)など 腹痛・・・膀胱炎、便秘など 関節痛・・・関節炎、骨軟骨異形成症など 口内痛・・・歯肉炎、歯周病など   ケア方法 高血圧がみられる場合には、血圧をコントロールするお薬を始めます。 甲状腺機能亢進症の場合は、抗甲状腺ホルモン薬の処方を検討します。 骨や関節からくる痛みには、鎮痛剤が処方される場合が多いですが、なるべく長期の連用は避けたいので ...

ReadMore

-フード関連, 病気とのお付き合い