【脱却可能?】~猫の腎臓病~皮下点滴に頼らずに脱水を改善できるか?

在宅皮下点滴
皮下点滴は一度始めると、亡くなるまで毎日、一生続けないといけないのでしょうか?

飲水量の確保、ウエットフード主体の食事で、皮下点滴の頻度を減らせる可能性は十分あります。

皮下点滴を行う理由は、脱水の緩和です。

脱水状態から脱却できれば、皮下点滴は必要なくなります。

慢性腎臓病を患うと、体内の老廃物を捨てるために尿量が多くなりますが、

口からの摂取量で可能な限り補うことで、

毎日の皮下点滴から週に1~2回に…と頻度を減らすことは十分可能です。

お水の器をひと工夫して、飲水量を確保

口からの水分の摂取、まずは飲水方法を再考です。

  • いつでも飲める
  • いくらでも飲める

を目指します!

流れるお水を設置したり、

 

  • 水の器を大きくする。
  • 床から少し高い場所に設置する

という方法は、すぐに効果を実感できます。

経口補水液で脱水を緩和

お水を飲んでくれるのなら、点滴と同じように電解質の補給も同時に可能です。

スポーツ中の熱中症対策に、「塩分や、飴を一緒に摂りましょう」と言われますね。

これも、ナトリウムなどの電解質の補給です。

脱水ケア(ゲル)で水分補給

ウエットフードのパウチは、重量比で8割以上が水分です。

パウチの端っこ・・・

あのプルプルしたところを、電解質と一緒にゼリー仕立てにしたのが、

脱水ケア(ゲル)です。

電解質の他、ビタミンB群も摂取できます。

まさに、食べる点滴です☆

口腔環境の改善

口から水分を摂ることで皮下点滴から脱却させてあげたいのですが、

この際、大きな壁になるのが”歯周病・口内炎”です。

なかなか腎臓病が見つかった後からでは、

全身麻酔下で行うような歯科処置は難しいと思います。

場合によっては、腎毒性の低い鎮痛剤などを使いながら、

食べることを維持できるようなケアも重要です。

(補足)

健診で、BUN・Creは基準値内だけれど、SDMAは高め、といった場合、

先手を打つために、全身麻酔下での歯科処置をお奨めする場合があります。

Follow me!

ZEROどうぶつクリニック

〒136-0072
東京都江東区大島1-30-14
コーポ川上1F
03-5626-3335

完全予約制ですので、
必ずお電話またはLINEメッセージ(友だち登録後)でのご予約をお願いします。https://lin.ee/obgrNfn

診察中・手術中など、
電話に出られないことがあります。

在宅皮下点滴腎臓病関連
山本 健二をフォローする
【公式】江東区 ZEROどうぶつクリニック(西大島駅近く)

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました