お家での皮下点滴

【脱却可能?】~猫の腎臓病~皮下点滴に頼らずに脱水を改善できるか?

皮下点滴は一度始めると、亡くなるまで毎日、一生続けないといけないのでしょうか?

飲水量の確保、ウエットフード主体の食事で、皮下点滴の頻度を減らせる可能性は十分あります。

 

皮下点滴を行う理由は、脱水の緩和です。

脱水状態から脱却できれば、皮下点滴は必要なくなります。

慢性腎臓病を患うと、体内の老廃物を捨てるために尿量が多くなりますが、口からの水分摂取量を可能な限り補うことで、毎日の皮下点滴から週に1~2回に…と頻度を減らすことは十分可能です。

 

 

お水の器をひと工夫して、飲水量を確保

口からの水分の摂取、まずは飲水方法を再考です。

  • いつでも飲める
     
  • いくらでも飲める
     

を目指します!

 

流れるお水を設置したり、

CAT CARE ペット用自動給水器

 

  • 水の器を大きくする。
     
  • 床から少し高い場所に設置する
     

という方法は、すぐに効果の有無を体感できます。

 

2022/8/10

【ぐったり?肺水腫?】猫の在宅皮下点滴で起こりえる副作用

    肺水腫 原因は、輸液量が多すぎること。 1回の量か、1日の回数を再検討する必要があります。 皮下点滴によって生じる恐れがある副作用で一番多いものが肺水腫です。 心臓と肺はつながっていて、点滴によって血流量が多くなって心臓が送りだす能力を超えてしまうと、水分が肺に溜まってしまいます。     コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   高血圧 副作用で肺水腫に次いで多いのが、高血圧です。慢性腎臓病の猫さんの20%は、皮下点滴をしていなくても高血圧を合併していると言われます。 高血圧 ...

ReadMore

2022/8/10

【呼吸数の増加は肺水腫・痛みのサイン】~猫さんの呼吸数を数えてみよう~

    この子の呼吸数(1分間あたり)は何回でしょうか?   呼吸数を数えてみよう 『吸って・はいて』で1回です。 1分間で何回呼吸をしたか数えますが、通常は、30秒で何回呼吸したか数えて2倍するか、20 秒で何回呼吸したかを数えて3倍します。 上の動画も30秒で区切りました。 呼吸数は何回でしたか?   自社製造を行い製品をお届けするキャットフード専門店   1分間当たりの呼吸数 30秒で15~16回呼吸をしていますので、1分間当たり、30~32回です。   基準値は何回ですか? 20回以下→ 肺水腫の ...

ReadMore

2022/8/10

在宅で猫の皮下点滴~暴れてしまうときの対処法~

在宅で皮下点滴を行う場合に、じっとしてくれない・動いてしまうという事がよく起こります。 動物病院の診察室で、猫さんに処置をする場合には、 素早く行う  音を立てない  押さえ過ぎず、猫のペースに合わせる  という点に気を付けています。   保定・押さえ方を工夫する 猫さんに注射をしたり、採血したり、爪を切ったりするとき、診察室で一番うまくいくコツは、押さえ過ぎないという点につきます。 ご自宅での点滴の際にも、参考にしていただくと、上手くいく事が多いです。 私は、一人で診療所を運営しているので、同業者から、 ...

ReadMore

2022/9/21

【猫用高血圧薬】赤いセミントラ登場 ~慢性腎臓病の合併症対策~

    セミントラ 10mg/mL経口液が承認・発売 慢性腎臓病の猫さんで、「セミントラ」を処方されている子は多いと思います。 水色に赤いラインのラベル。 「テルミサルタン」という有効成分(薬品名)の飲みぐすりです。 タンパク尿を抑えることが目的で処方されます。   赤色に水色ラインのラベルのセミントラが承認・発売されました。 こちらは、タンパク尿を抑える事と、高血圧の治療を目的に処方されます。   2つの違いは? 濃度と適応の効能・効果   慢性腎臓病の猫さんに処方されるセミントラですが、 腎臓の機能を ...

ReadMore

2022/8/9

【脱却可能?】~猫の腎臓病~皮下点滴に頼らずに脱水を改善できるか?

  皮下点滴を行う理由は、脱水の緩和です。 脱水状態から脱却できれば、皮下点滴は必要なくなります。 慢性腎臓病を患うと、体内の老廃物を捨てるために尿量が多くなりますが、口からの水分摂取量を可能な限り補うことで、毎日の皮下点滴から週に1~2回に…と頻度を減らすことは十分可能です。     お水の器をひと工夫して、飲水量を確保 口からの水分の摂取、まずは飲水方法を再考です。 いつでも飲める  いくらでも飲める  を目指します!   流れるお水を設置したり、 ペット 循環式 給水器 EVERSWEET3 第3世 ...

ReadMore

 

経口補水液で脱水を緩和

QIX(キックス) ハイドロパウダー

 

お水を飲んでくれるのなら、点滴と同じように電解質の補給も同時に可能です。

スポーツ中の熱中症対策に、「塩分や、飴を一緒に摂りましょう」と言われますね。

これも、ナトリウムなどの電解質の補給です。

 

月々3,980円定額の水素水ウォーターサーバーのアクアバンク

 

脱水ケア(ゲル)で水分補給

ウエットフードのパウチは、重量比で8割以上が水分です。

パウチの端っこ・・・

あのプルプルしたところを、電解質と一緒にゼリー仕立てにしたのが、

イースター 脱水ケア・ゲル

 

脱水ケア(ゲル)です。

電解質の他、ビタミンB群も摂取できます。

まさに、食べる点滴です☆

 

口腔環境の改善

口から水分を摂ることで皮下点滴から脱却させてあげたいのですが、この際に、大きな壁になるのが”歯周病・口内炎”です。

なかなか腎臓病が見つかった後からでは、全身麻酔下で行うような歯科処置は難しいと思います。

場合によっては、腎毒性の低い鎮痛剤などを使いながら、食べることを維持できるようなケアも重要です。

 

補足

健診で、BUN・Creは基準値内だけれど、SDMAは高め、といった場合、

先手を打つために、全身麻酔下での歯科処置をお奨めする場合があります。

 

 

 

-お家での皮下点滴