広告 皮下点滴

【脱却可能?】~猫の腎臓病~皮下点滴に頼らずに脱水を改善できるか?

2021年7月18日

 

 

パスくん
パスくん

皮下点滴は一度始めると、亡くなるまで毎日、一生続けないといけないの?

 

キャンちゃん
キャンちゃん

飲水量の確保、ウエットフード主体の食事で、皮下点滴の頻度を減らせる可能性は十分あります。

 

皮下点滴を行う理由は、脱水の緩和です。

脱水状態から脱却できれば、皮下点滴は必要なくなります。

 

口から可能な限り水分を摂取することで、皮下点滴を毎日から週に1~2回に…と頻度を減らすことは十分可能です。

 

皮下点滴では、不足している水分の補給しかできません。

 

老廃物を代謝・分解するためには、ビタミン類や必須アミノ酸の補給が必要です。

とくに必須アミノ酸は皮下点滴に混和できないので、口から摂取する必要があります。

 

👉"食べる点滴"と称してお奨め "脱水ケア"

👉猫ちゃんの腎臓の健康を考えたサプリメント【powney-パウニー-】🐾

  

お水の器をひと工夫、飲水量を確保

水分の摂取、まずは飲水方法を再検討

  • いつでも飲める
  • いくらでも飲める

を目指します!

 

流れるお水を設置したり、

👉CAT CARE ペット用自動給水器🐾

👉猫ちゃんの腎臓の健康を考えたサプリメント【powney-パウニー-】🐾

 

 

  • 水の器を大きくする。
  • 床から少し高い場所に設置する

という方法は、効果の有無を体感できます。

 

2024/6/5

昏睡状態の猫に対する治療継続の判断材料~猫の末期治療~

療養中の猫が昏睡状態になった時、皮下点滴、強制給餌、毎日の投薬を続けるべきか? 治療を続けるか中止するかの判断材料を考えてみたいと思います。 猫の末期治療の意義 皮下点滴の目的 皮下点滴は、猫の脱水を防ぎ、体内の水分バランスを保つために重要です。 特に末期の猫では、食事や飲水が難しくなることが多いため、皮下点滴による水分補給が必要となります。 ※栄養素の補給ではなく水分の補給であるという認識が重要です   昏睡状態の猫に対してどこまで有効かは議論の余地があります。 点滴は一時的に猫の体調を安定させる効果が ...

ReadMore

2024/1/26

~暴れてしまうときの対処法~ 在宅で猫の皮下点滴

  皮下点滴を行う場合、じっとしてくれない・動いてしまうという事はよく起こります。   診察室で猫さんに処置をする場合には、 素早く行う 音を立てない 押さえ過ぎず、猫のペースに合わせる という点に気を付けています。   保定・押さえ方を工夫する 猫さんに注射をしたり、採血したり、爪を切ったりする際、うまくいくコツは、押さえ過ぎないという点につきます。   ご自宅での点滴の際にも、参考にしていただくと、上手くいく事が多いです。   私は、一人で診療所を運営しているので、同業者から、 パスくん 採血とか人手 ...

ReadMore

2024/1/31

★点滴液を知ろう★ 生理食塩水・リンゲル・乳酸リンゲル~保存方法・使用期限は?~

ポイント お家で皮下点滴をすることになったけど、 SNSを見たら、病院で教えられた方法とか、点滴の色、使っている液体の名前が違っていたり・・・。 あれ?これで合ってるのかな?なんでだろうな?と思った時に、活用して頂ける記事となっています。   https://twitter.com/ZERO42596487/status/1410839437748031488?s=20 【アンケート】点滴液は何が処方されていますか?   Twitterで、点滴液についてアンケートをとってみました。 圧倒的に、乳酸リンゲル ...

ReadMore

2024/1/28

【脱却可能?】~猫の腎臓病~皮下点滴に頼らずに脱水を改善できるか?

    パスくん 皮下点滴は一度始めると、亡くなるまで毎日、一生続けないといけないの?   キャンちゃん 飲水量の確保、ウエットフード主体の食事で、皮下点滴の頻度を減らせる可能性は十分あります。   皮下点滴を行う理由は、脱水の緩和です。 脱水状態から脱却できれば、皮下点滴は必要なくなります。   口から可能な限り水分を摂取することで、皮下点滴を毎日から週に1~2回に…と頻度を減らすことは十分可能です。   皮下点滴では、不足している水分の補給しかできません。   老廃物を代謝・分解するためには、ビタミン ...

ReadMore

2024/1/26

【猫の皮下点滴と静脈点滴、くらべてみました】効果は?ストレス、苦痛は?~慢性腎臓病~

    ずっと皮下点滴だけど、静脈点滴の方が効果があるの? 静脈点滴だと入院になるのか…。実際のところ、どれくらい違うんだろう?? 頑張って治療を受けてもらうんだから、絶対に後悔したくないな…   他のお家の猫さんが、違う治療を受けていると、ちょっと不安になるものです。   高齢になればなるほど、猫さんと慢性腎臓病は隣り合わせ。   獣医師になって20年間、たくさんの慢性腎臓病の猫さん・飼い主さんと接しました。   と同時に、私自身も2017年に19歳だった愛猫を慢性腎臓病で亡くしました。   皮下点滴、 ...

ReadMore

 

経口補水液で脱水を緩和

》QIX(キックス) ハイドロパウダー

 

お水を飲んでくれるのなら、点滴と同じように電解質の補給も可能です。

熱中症対策に、「塩分や、飴を一緒に摂りましょう」と言われますね。

これもナトリウムなどの電解質の補給です。

 

脱水ケア(ゲル)で水分補給

ウエットフードのパウチは、重量比で8割以上が水分です。

パウチの端っこ・・・

あのプルプルしたところを、電解質と一緒にゼリー仕立てにしたのが、

》イースター 脱水ケア・ゲル

 

脱水ケア(ゲル)です。

電解質の他、ビタミンB群も摂取できます。

まさに、食べる点滴です☆

 

口腔環境の改善

飲み水や食べ物で水分を補給させたい時、大きな壁になるのが”歯周病・口内炎”です。

腎臓病が見つかった後からでは、全身麻酔下で行うような歯科処置は難しいと思います。

腎毒性の低い鎮痛剤などを使いながら、食べることを維持できるようなケアも重要です。

 

補足

健診で、BUN・Creは基準値内だけれど、SDMAは高め、といった場合、

先手を打つために、全身麻酔下での歯科処置をお奨めする場合があります。

 

》★eFace-V★~舐めるサプリ 歯茎・歯肉に直接塗布~★1-TDC★ 口内炎・歯肉炎

 

》口腔善玉菌のペット専用お口ケア「プロバイオD」

 

-皮下点滴