フード関連 便利グッズ

【脱水予防】腎臓病が心配な猫に…おすすめの水分補給アイテム5選 飲水量を増やそう!

水分をしっかり摂らせましょう・・・といっても、具体的にどんな方法があるの?

ゼリータイプ、液状タイプ、その都度溶かして使える粉末タイプなど、水分補給にオススメの商品をご紹介します。

 

 

 

ゼリータイプ

イースター 脱水ケア・ゲル

 

15gずつの使い切り包装なので、無駄なく少量ずつ、新鮮に使えます。

ゼリータイプのパウチの端っこ、プルプル部分のようなゲルで、旨味が閉じ込めてあります。

 

スープタイプ

アースバイオケミカル APPE アペ 30g

 

30gずつの少量包装なので、猫さんにあげるには無駄なく便利です。

ポタージュスープのような、なめらかなスープです。

BCAAという、身体がエネルギーとして利用しやすいアミノ酸が配合されています。

 

パウダータイプ

QIX ハイドロパウダー

 

スポーツドリンクのように、その都度溶かして使えます。

3グラムの1包装を250mLのお水で溶かして調整します。

脱水時に不足しがちなナトリウム(塩分)と旨味成分にもなるリンが追加されています。

※慢性の腎臓病の心配がある場合には、かかりつけの獣医師にご相談ください。

  

クリティカルリキッド (高栄養スープタイプ)

クリティカルリキッド

 

クリティカルリキッドは、水分の補給という意味合いもありますが、特に栄養の補給のための流動食として使われる事が多いです。

食欲不振が続いたときに、高栄養のリキッドによって摂食回復のきっかけになると良いと思います。

 

猫壱ウォーターボール

器にこだわると、水分を摂りやすくなる事が多いです。

猫壱ウォーターボール

 

床からの高さを高く設定してあるので、猫さんが首の上下運動を少なく、お水をゴクゴク(ペロペロ)飲むことができます。

また、猫壱のウォーターボールには、目盛りがついていて、1日にどれくらいお水を飲んでいるか、確認することができます。

爪切りや洗濯ネット、猫壱のおすすめラインナップ

 

2022/10/8

【脱水予防】腎臓病が心配な猫に…おすすめの水分補給アイテム5選 飲水量を増やそう!

      ゼリータイプ 【あす楽】【犬猫用 脱水ケア ゲル 360g(15g×3×8)×1箱】【ベッツセレクション】【イースター】【スティック】【水分補完食】 (発)posted with カエレバ楽天市場で探すAmazonで探すYahooショッピングで探す イースター 脱水ケア・ゲル   15gずつの使い切り包装なので、無駄なく少量ずつ、新鮮に使えます。 ゼリータイプのパウチの端っこ、プルプル部分のようなゲルで、旨味が閉じ込めてあります。   スープタイプ アースバイオケミカル APPE アペ 30g ...

ReadMore

2022/11/14

☆猫用☆腎臓病療法食ナビ 私的にはスペシフィック推し

  はじめに 獣医さんから、「猫さん腎臓が悪くなってますね」と言われた時、 おそらく「食事療法も始めましょう」という提案がされると思います。   食事療法は を目的に作られています。     日本で販売されている療法食は、 これらの目的を満たすという点では、どれも遜色ないものだと思います。   素材や保存料、原産地や原料、こだわりたい点も少なくないですが、 一番大きなハードルは、「食べてくれるかどうか?」かもしれません。   獣医さんによっては、「療法食しか与えてはいけません!」 「他のものを与えると、こ ...

ReadMore

2022/9/21

【原産国まとめ】ロイヤルカナン猫用療法食 フランス?韓国?その他?(2022年版)

ロイヤルカナンの食事療法食の原産国をまとめました。2021年3月現在、フランス、韓国、オーストリア、カナダのいずれかです。

ReadMore

2022/11/26

【猫編】避妊・去勢手術後用のフードはいつから?どんなものがいいの?~獣医師執筆~

時々、受けるご質問
Q.避妊去勢後のフードって、どういう意味なんですか?

A.肥満防止のためのフードです
不妊手術によって繁殖行動に使われるエネルギーが不要になるので、1日に必要なカロリーが8割程度になります。
※痛み止めの作用があるとか、そういう訳ではありません

ReadMore

2022/10/8

高齢猫の夜鳴き ~原因、対策は? 認知症?老化?仕方ない?~

  高齢猫の夜鳴き ~病的なもの~ 病的なものが原因となる場合、"痛み"を伴っているものが考えられます。 頭痛・・・高血圧を伴う病気(慢性腎臓病や甲状腺機能亢進症)など 腹痛・・・膀胱炎、便秘など 関節痛・・・関節炎、骨軟骨異形成症など 口内痛・・・歯肉炎、歯周病など   ケア方法 高血圧がみられる場合には、血圧をコントロールするお薬を始めます。 甲状腺機能亢進症の場合は、抗甲状腺ホルモン薬の処方を検討します。 骨や関節からくる痛みには、鎮痛剤が処方される場合が多いですが、なるべく長期の連用は避けたいので ...

ReadMore

 

-フード関連, 便利グッズ