【猫の血液検査】BUNが上昇、Creは正常のパターン

ウエルネス

BUNの上昇↑ CREAは正常→

 

BUNとCREA、どちらも上昇していれば、何らかの腎障害が起きていると思われます。

時々、BUNは高いけれど、CREAは基準値内という結果が出てきます。

BUNに比べて、CREAは腎臓の病気以外では上昇しないので、

この結果でしたら、腎臓以外の病気も考える必要があります。

腎臓病以外でBUNが上昇する原因

  • 食後の採血・高たんぱく食
  • 消化管内での出血
  • 発熱時
  • ステロイド剤の投与時
  • 筋肉に損傷がある時 など

たんぱく質が多いフードを食べている子は、BUNが高くなります。

慢性腸炎や腸の腫瘍など、腸の中で出血が起こっている場合にもBUNは上昇します。

体のどこかで炎症が起きているにも、BUNの上昇が見られることがあります。

腎臓病かどうかを確認するためには…

色んな経験を経た獣医師ほど、

血液検査の項目(BUNやCREA)だけで腎臓病と判断しません。

体重の変化、食欲・飲水量の変化、脱水の有無・・・

そして確認検査として次に行うべきなのは、「尿検査」になります。

尿の濃さ(尿比重)の測定が、初期の腎臓病の鑑別には非常に重要です。

腎機能が落ちた猫さんの尿は薄くなります(右)

まとめ

  • BUNとCREA両方上昇していたら腎機能の低下が疑わしい
  • BUNだけ上昇している場合は、腎臓病以外の原因も多いので気をつける
  • 腎臓病かどうかの追加検査で尿検査は必須

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この情報が役に立った!と思って頂けましたら、

シェア・拡散して頂けると嬉しいです。

 

ペットのスペシャリストを目指す方に【愛玩動物飼養管理士 2級・1級】

Follow me!

ZEROどうぶつクリニック

〒136-0072
東京都江東区大島1-30-14
コーポ川上1F
03-5626-3335

完全予約制ですので、
必ずお電話またはLINEメッセージ(友だち登録後)でのご予約をお願いします。https://lin.ee/obgrNfn

診察中・手術中など、
電話に出られないことがあります。

ウエルネス腎臓病関連
山本 健二をフォローする
【公式】江東区 ZEROどうぶつクリニック(西大島駅近く)

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました