病気とのお付き合い

~猫の慢性腎臓病サイン!~微小出血(血尿)を見つけておこう

ポイント

aim30による猫の慢性腎臓病の予防に期待が高まっています

  • aimは尿細管のお掃除係
     
  • 微細な尿結石は尿細管を傷つける
     
  • 尿中の出血を早めに見つける
     
  • 腎臓病の予防に役立つ
     

 

2022/9/21

【猫の腸活】~乳酸菌・可溶性繊維・不溶性繊維・消化器サポート~を、ざっくり解説

    腸活の概念 古くから、日本では腸内細菌の研究が盛んで、腸内細菌のバランス"腸内フローラ"は、体調…とくに免疫機能と密接に関係していることが明らかになってきました。 腸内フローラの乱れは、下痢・便秘だけではなく、免疫が関係する炎症性腸疾患をはじめ、様々なアレルギー性疾患との関係が見られます。 「腸に良い食生活は、身体全体の健康をもたらす」…医食同源という考え方にも直結する、腸活の基本的な概念です。     腸内細菌 便は最終的に大腸が水分を吸収して固形状になりますが、腸内細菌が消化された食べ物を発酵 ...

ReadMore

2022/8/5

高齢猫の夜鳴き ~原因、対策は? 認知症?老化?仕方ない?~

  高齢猫の夜鳴き ~病的なもの~ 病的なものが原因となる場合、"痛み"を伴っているものが考えられます。 頭痛・・・高血圧を伴う病気(慢性腎臓病や甲状腺機能亢進症)など 腹痛・・・膀胱炎、便秘など 関節痛・・・関節炎、骨軟骨異形成症など 口内痛・・・歯肉炎、歯周病など   ケア方法 高血圧がみられる場合には、血圧をコントロールするお薬を始めます。 甲状腺機能亢進症の場合は、抗甲状腺ホルモン薬の処方を検討します。 骨や関節からくる痛みには、鎮痛剤が処方される場合が多いですが、なるべく長期の連用は避けたいので ...

ReadMore

2022/8/12

【お家で簡単!】猫の慢性腎臓病の早期発見3つの方法!SDMAだけじゃない!

  コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】     高齢猫が慢性腎臓病になって起こること・起こらないこと 猫さんは慢性腎臓病になると、ゆっくりですが体重が減少します。 慢性腎臓病になった猫さんが、どんどん体重が増える事はまずありません。 👇 早期発見のためにお家で出来ることその1 1.体重測定 動物用体重計 【あす楽&送料無料】ペット 体重計 ≪5g単位≫ ペット 体重計 ペットくん デジタル表示 ペット用品 ペットスケール 体重 計 5g はかり 犬 体重計 猫 体重計 ...

ReadMore

2022/8/11

【おすすめ?】猫の病気で動物病院が提案するサプリって、どんなもの?(獣医師執筆)

動物用のサプリメントを選ぶ基準として、古くから生き残っているロングセラー商品は安心してお奨めできます。 次々と動物用のサプリメントが、製品化されていますが、人知れず消えていくサプリメントも数多くあります。10年、20年と生き残っているサプリメントは、飼い主さんからも、獣医師からも、信頼を勝ち得ているのだと思います。

ReadMore

2022/8/6

【販売リンク情報】AIM30 マルカン・サンライズってどんな会社?宮崎徹先生の研究成果より誕生

AIMの働きを助けるアミノ酸『A-30』を配合した、猫の健康維持をサポートする総合栄養食です。 試してみた方からは、『ん-。味はイマイチかな~』という意見も・・・。 安定的な供給になりつつありますので、試してみたいですね。 AIM30 15歳以上の室内猫用 腎臓の健康ケア 600g マルカン SAI-005 【宮崎徹教授監修】 posted with カエレバ トレジャーボックス Yahooショッピングで探す Amazonで探す 楽天市場で探す サンライズ AIM30 15歳以上の室内猫用 腎臓の健康ケア ...

ReadMore

 

 

AIMは尿路の小さな傷を修復してくれている

尿路結石などでできた、軽度な尿路の傷を修復して、お掃除してくれているものが、AIMだと考えられています。

 

尿細管という尿の通り道が、修復できなくなると、慢性腎臓病が進行していきます。

 

血尿はどれでしょう?

こんなTweetをしました。

 

3頭の猫の尿。

見た目の色は、濃い・薄いはありますが、いずれも黄色。

 

では、答え合わせです

 

尿検査試験紙を使用します。

一番先の部分が潜血の検査。

緑色に変わるかどうかで判定します。

 

正解は・・・

「2」番と、「3」番が血尿でした。

 

 

見た目では血尿は判らない

見た目の色では、血尿かどうかの区別はできません・・・。

 

色の濃さは尿比重の違い

腎臓がしっかりと働いている尿は、濃い黄色の尿になります。

 

色の濃い薄いは?? 尿比重の違いです。

尿比重は、腎臓病の進行具合など、状態を知る大きな手がかりになります。

 

気にしておきたい"尿路結石"

若い時期に、軽度の急性腎臓病を引き起こす原因が尿路結石で、血尿によって見つかるケースが多いです。

 

猫で多い2種類の尿路結石

おうちの猫さんが尿路結石と診断されて、食事療法などのケアをしている、という飼い主さんは多いと思います。

  • ストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)
     
  • シュウ酸カルシウム
     

猫さんの尿路結石の原因成分は、ほとんどがこの2つです。

まれに両方が原因という場合もあります。

 

ストラバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)

主な原因は食べ物(フード)

食べている物によって、尿の酸性/アルカリ性(pH)が変わる。

ストラバイト結石は、アルカリ性の尿で大きくなる。

療法食によって尿を酸性にしてあげれば、結石が解けることもあり。

 

シュウ酸カルシウム

飲水量不足(濃すぎる尿)などが原因。

尿の酸性/アルカリ性(pH)は、酸性の場合が多い。

療法食によって結石が解けることはない。

 

 

膀胱炎が無くても血尿が出る?

  • 頻繁にトイレに出入りを繰り返す
     
  • トイレ以外で排尿
     
  • 陰部をしきりになめている
     

上記のような膀胱炎に特有の症状が無くて、健康診断の際に検査をしてみると、たまたま血尿(潜血)が見つかったという例も多いです。

 

かくれ血尿??

血尿=膀胱炎とはかぎりません。

尿は腎臓で作られて、膀胱に溜まった後に排尿されますが、腎臓から膀胱の間(尿管)や、膀胱から外陰部の間(尿道)での出血でも、血尿が出ます。

※尿道での出血の場合は、真っ赤な鮮血なのでわかりやすいと思います。

 

血尿の原因は・・・?

  • 尿路結石
     
  • 尿路感染症
     
  • 特発性膀胱炎
     

血尿が出るような尿路疾患、原因は、結石の場合や細菌などの感染症も考えられますが、猫の場合、"コレが!"という原因がわからない、『特発性膀胱炎』と診断される場合も多くあります。

 

微小の血尿を見つけておこう

微小出血を見つける方法

病院での尿検査

液体の状態で、病院にご持参いただく方法です。

【メリット】

  • 安価に検査ができます
     
  • 採血のような苦痛がありません
     
  • 検査だけでしたら、猫さんを連れていく必要がない場合もあります。
     

尿試験紙での検査と、尿沈渣物の検査と、両方行えます。

試験紙では潜血が無いのに、顕微鏡で観察すると赤血球がみえるという、ごくごく微細な血尿を見つけられる場合もあります。

 

尿中ヘモグロビンチェッカー(ロイヤルカナン)

人間用の潜血が調べられる尿検査試験紙は、医療用医薬品のため、薬局での販売に限られます。

 

動物用には、ロイヤルカナンのDライン(動物病院を通した流通システム)で販売されている、尿中ヘモグロビンチェッカーによって、モニタリング(経過観察)いる子も多いです。

Dライン流通制度に登録されている動物病院にご相談ください。

 

 

(補足)急性腎臓病と慢性腎臓病

急性腎臓病

ひと昔前は、急性腎臓病は、特にオス猫のペニスの先に、尿結石が引っかかり、排尿したいのに排尿できず、腎臓に尿が逆流して腎不全を起こす病気、という認識がありました。

完全な閉塞で尿が出ていない場合、対処が遅れると急死の可能性があります。

尿路閉塞(詰まっている)箇所をカテーテルで通してあげると、排尿ができるようになります。

腎臓は一時的にダメージを受けるものの、「治る」病気、という風に考えられていました。

 

慢性腎臓病

一方、慢性腎臓病は、加齢とともに、じわじわ腎臓が傷んでしまい、障害された腎臓は回復しないため、残った腎臓の機能に負担を掛けないような、ケアを行います。

 

急性腎臓病と慢性腎臓病は混合している

現在では、比較的若い年齢から、ごく軽度の急性腎臓病を繰り返すうちに、慢性腎臓病になっていっていると考えられています。

 

-病気とのお付き合い