お家での皮下点滴

【呼吸数の増加は肺水腫・痛みのサイン】~猫さんの呼吸数を数えてみよう~

要約

自宅での皮下点滴や、動物病院から帰った後の様子で、気をつけて見ていただききたいのが『呼吸数』です。

呼吸数の増加は、肺水腫(過剰量の点滴)や痛みのサインです。

 

 

この子の呼吸数(1分間あたり)は何回でしょうか?

 

呼吸数を数えてみよう

吸って・はいて』で1回です。

1分間で何回呼吸をしたか数えますが、通常は、30秒で何回呼吸したか数えて2倍するか、20 秒で何回呼吸したかを数えて3倍します。

上の動画も30秒で区切りました。

呼吸数は何回でしたか?

 

自社製造を行い製品をお届けするキャットフード専門店

 

1分間当たりの呼吸数

30秒で15~16回呼吸をしていますので、1分間当たり、30~32回です。

 

基準値は何回ですか?

  • 20回以下→ 肺水腫の可能性は低い。痛みはなくリラックスしている。
     
  • 20~40回→ グレーゾーン
     
  • 40回以上→ 注意が必要。何らかの苦痛を感じている可能性あり。
     

 

地味ですが大事な検査

呼吸数の測定は、体温や心拍数と同様、基本的で大事な検査なのですが、診察室での測定はあまりアテになりません

心拍・呼吸数は運動後や、緊張など…ちょっとした事で多くなります。

病気を患っている子では、"安静時"の呼吸数が重要です。

慢性腎臓病など、自宅で皮下点滴をされているお家では、肺水腫(過剰な点滴)になっていないか…呼吸数も気にしてあげて下さい。

 

【関連記事】

【検査ガイド】TPRのR(呼吸数)~痛みや肺水腫のサイン~

 

2022/8/10

【黄色い?透明?】皮下点滴液に混和する可能性のある薬剤は?

    ビタミンB群   ビタミンB1    (チアミン)炭水化物からエネルギーを作る。神経の機能にはたらく。ビタミンB2     (リボフラビン)炭水化物、タンパク質、 脂質からエネルギーを作る。抗酸化作用。ナイアシン炭水化物,、タンパク質、脂質からエネルギーを作る。ビタミンB6タンパク質の分解と再合成を助ける。神経伝達情報や造血(ヘモグロビンの合成)を助ける。ビタミンB12(コバラミン)DNAの合成を助ける。葉酸DNAの合成を助ける。造血を助ける。パントテン酸炭水化物、タンパク質、脂質からエネルギーを ...

ReadMore

2022/8/10

【ぐったり?肺水腫?】猫の在宅皮下点滴で起こりえる副作用

    肺水腫 原因は、輸液量が多すぎること。 1回の量か、1日の回数を再検討する必要があります。 皮下点滴によって生じる恐れがある副作用で一番多いものが肺水腫です。 心臓と肺はつながっていて、点滴によって血流量が多くなって心臓が送りだす能力を超えてしまうと、水分が肺に溜まってしまいます。     コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   高血圧 副作用で肺水腫に次いで多いのが、高血圧です。慢性腎臓病の猫さんの20%は、皮下点滴をしていなくても高血圧を合併していると言われます。 高血圧 ...

ReadMore

2022/8/10

皮下点滴の頻度は?1回の量は?~計算方法が知りたい~

    皮下点滴の頻度と、1回量の計算方法 皮下点滴で補充する量は、脱水(不足)している水分量です。 脱水しているかどうかの判断は、👇こちらを参考になさって下さい。   コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   1日量の計算(脱水は何%?) 脱水量の判断は、下のような基準がありますが、「在宅で皮下点滴をしましょう」という状態は、10%以下の脱水と考えられます。 脱水量(%) 身体検査所見 5%以下 嘔吐や下痢の病歴があっても、 身体検査では異常なし 5 口腔粘膜の軽度の ...

ReadMore

2022/8/10

【呼吸数の増加は肺水腫・痛みのサイン】~猫さんの呼吸数を数えてみよう~

    この子の呼吸数(1分間あたり)は何回でしょうか?   呼吸数を数えてみよう 『吸って・はいて』で1回です。 1分間で何回呼吸をしたか数えますが、通常は、30秒で何回呼吸したか数えて2倍するか、20 秒で何回呼吸したかを数えて3倍します。 上の動画も30秒で区切りました。 呼吸数は何回でしたか?   自社製造を行い製品をお届けするキャットフード専門店   1分間当たりの呼吸数 30秒で15~16回呼吸をしていますので、1分間当たり、30~32回です。   基準値は何回ですか? 20回以下→ 肺水腫の ...

ReadMore

2022/9/21

【猫の皮下点滴と静脈点滴、くらべてみました】効果は?ストレス、苦痛は?~慢性腎臓病~

  コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   そもそも薬が効くためには・・・ 薬が効くためには、血管の中に薬の成分が入り(吸収)、血流に乗って全身に行き渡る(分布)事が必要です。 薬を身体に入れる方法(投与経路)は、次のようなものがあります。 経口投与(のみぐすり)  皮下投与  筋肉内投与  静脈内投与  外用薬(塗り薬・スポットオン)  坐薬・舌下投与(経粘膜投与)    投与経路によって、薬剤が血管に入るまでのスピードが違います。   先ほどの6つの中では、静脈内投与が(血管にダ ...

ReadMore

-お家での皮下点滴