【呼吸数の増加は肺水腫・痛みのサイン】~猫さんの呼吸数を数えてみよう~

在宅皮下点滴

自宅での皮下点滴や、

動物病院から帰った後の様子で、

気をつけて見ていただききたいのが『呼吸数』です。

呼吸数の増加は、肺水腫(過剰な点滴)や痛みのサインです。

この子の呼吸数(1分間あたり)は何回でしょうか?

呼吸数を数えてみよう

吸って・はいて』で1回です。

1分間で何回呼吸をしたか数えますが、

通常は、30秒で何回呼吸したか数えて2倍するか、

20 秒で何回呼吸したかを数えて3倍します。

上の動画も30秒で区切りました。

呼吸数は何回でしたか?

1分間当たりの呼吸数

30秒で15~16回呼吸をしていますので、

1分間当たり、30~32回です。

基準値は何回ですか?

  • 20回以下→ 肺水腫の可能性は低い。痛みはなくリラックスしている。
  • 20~40回→ グレーゾーン
  • 40回以上→ 注意が必要。何らかの苦痛を感じていると思います
     

地味ですが大事な検査

呼吸数の測定は、体温や心拍数と同様、

基本的で大事な検査なのですが、

診察室での測定はあまりアテになりません

心拍・呼吸数は運動後や、緊張ですぐに多くなります。

病気を患っている子では、“安静時”の呼吸数が重要です。

慢性腎臓病など、自宅で皮下点滴をされているお家では、

肺水腫(過剰な点滴)になっていないか…呼吸数も気にしてあげて下さい。

関連記事

『☆地味だけど大事な検査・・・呼吸数☆(動物病院内では、できない検査)』
高齢の猫さんでは腎臓病が多いですが、ワンちゃんでは(特に小型犬で)心臓病を患う子が多いです。 軽度な時期では、散歩ですぐに疲れやすくなったりして、重症度が進ん…

Follow me!

ZEROどうぶつクリニック

〒136-0072
東京都江東区大島1-30-14
コーポ川上1F
03-5626-3335

完全予約制ですので、
必ずお電話またはLINEメッセージ(友だち登録後)でのご予約をお願いします。https://lin.ee/obgrNfn

診察中・手術中など、
電話に出られないことがあります。

在宅皮下点滴腎臓病関連
山本 健二をフォローする
【公式】江東区 ZEROどうぶつクリニック(西大島駅近く)

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました