在宅で猫の皮下点滴~暴れてしまうときの対処法~

在宅皮下点滴

在宅で皮下点滴を行う場合に、

じっとしてくれない動いてしまうという事がよく起こります。

動物病院の診察室でも、猫さんに処置をする場合には、

  • 素早く行う
  • 押さえ過ぎず、猫のペースに合わせる

という点に気を付けています。

保定・押さえ方を工夫する

猫さんに注射をしたり、採血したり、爪を切ったりするとき、

診察室で一番うまくいくコツは、

押さえ過ぎないという点につきます。

私は、一人で診療所を運営しているので、

同業者からも、「採血とか人手がないと大変じゃない??」

とよく聞かれます。

もちろん、まったく一人ではなく、飼い主さんに猫さんの身体を支えて頂きますが、

力を入れて押さえつけていただく事はありません。

  • 大人数で取り囲むと猫は逃げようとする
  • 手足、身体を押さえつけると、同じ力で押し返す
  • 一度暴れ出すと、しばらく興奮状態が続く
  • 音、声は出さず静かに接する
  • 身体をタオルでくるむ(周りが見えないことを嫌がるタイプの子もいます)

猫さんを洗濯ネットに入れたり、

保定袋に入れて処置することを否定する意見をたまに見かけます。

個人的には、猫にとっても、人にとっても、

お互いケガをしない不快にならないアイテムだと思います。

皮下点滴には洗濯ネットよりも、保定袋の方が扱いやすいかなと思います。

ちょっとお値段がしますが、一度買っておくと、型を真似して手作りすることも可能です。

時間短縮をめざす

爪切り、点眼、ブラッシング、清拭、皮下点滴、投薬・・・

猫さんへの処置は、時間との勝負です。

できるだけ短時間で、ガマンさせない事が重要です。

シミュレーション

在宅での皮下点滴では、手順を何度も確認して、

コレ、次はこれ、ココをこう・・・と、

素振りのようにシミュレーションしておく事が必要です。

在宅の皮下点滴になる前に、診察室内で点滴方法を見る機会があると思います。

「動画を撮っていいですか?」と、

処置の方法(手順)を、動画に収めておくと良いと思います。

※撮影時は、一言かけていただくのが、一応マナーだと思います。

時短グッズ

診察室でも、よく利用するのが「加圧バッグ」です。

※500ml用とありますが、250mlでも使用可能です。

ポンプで空気を送るだけですので、

余計な機能はなくシンプルです。

長い皮下点滴とのお付き合いになると思いますので、

早めに準備しておくと、便利ですよ。

Follow me!

ZEROどうぶつクリニック

〒136-0072
東京都江東区大島1-30-14
コーポ川上1F
03-5626-3335

完全予約制ですので、
必ずお電話またはLINEメッセージ(友だち登録後)でのご予約をお願いします。https://lin.ee/obgrNfn

診察中・手術中など、
電話に出られないことがあります。

在宅皮下点滴腎臓病関連
山本 健二をフォローする
【公式】江東区 ZEROどうぶつクリニック(西大島駅近く)

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました