広告 皮下点滴

皮下点滴の頻度は?1回の量は?~計算方法が知りたい~

2021年7月4日

 

 

  • 皮下点滴の1回の量は何mLが正解?
  • 毎日やらないと意味ないの?
  • 点滴をしない生活には戻れないの?
  • 皮下点滴に副作用は無いの?

 

概要

「猫の皮下点滴:正しい量はどれくらい?」 多くの飼い主さんが直面する疑問です

皮下点滴の頻度や量に関しては、"○○mLという答え"は存在しません

それぞれ、猫には個体差があり、一概に「この量が最適」とは言えません

私たちが最も避けたいのは、猫さんの腎臓に不必要な負担をかけること

そこで、この記事では、科学的根拠に基づいた計算方法で、理想的な皮下点滴の量をどのように決定すれば良いかを詳しく解説します

愛猫の健康管理に必要な知識を、一緒に深めていきましょう

 

👉猫の在宅皮下点滴で起こりえる副作用

👉猫ちゃんの腎臓の健康を考えたサプリメント🐾

 

皮下点滴の頻度と、1回量の計算方法

皮下点滴で補充する量は、脱水(不足)している水分量です

脱水しているかどうかの判断は、👇こちらを参考になさって下さい

★脱水してますか?★

★腎臓病のサイン?★

 

輸液量の計算(脱水は何%?)

輸液量(=水分の不足量)の判断は、下のような考え方があります

「在宅で皮下点滴をしましょう」という状態は、5~10%の脱水と考えられます

 

脱水量(%)身体検査所見
5%以下嘔吐や下痢の病歴があっても、 身体検査では異常なし
5口腔粘膜の軽度の乾燥
6~8皮膚のつまみ持続時間が2~3秒、口腔粘膜の乾燥、眼球のわずかな陥没
8~10皮膚のつまみ持続時間が6~10秒
10~12皮膚のつまみ持続時間が20~45秒、口腔粘膜の乾燥、
眼球の明らかな陥没、中程度から高度の沈うつ
不随意的な筋の攣縮
12~15明らかなショック状態

 

軽度な脱水、5%で計算すると…

 

体重3kgの猫さんの場合

5%脱水の場合、体液の不足量は、3000x0.05=150ml

▶ 脱水が緩和されたと感じたら、脱水3%で計算して、3000x0.03=90ml

▶ 脱水が悪化したら、脱水が8%で計算して、3000x0.08=240ml

 

ポイントは、『脱水の緩和=水分の補給』という点です。

 

1回の輸液量は?どれくらい?

皮下点滴は、身体全体の循環状態(血の巡り)が効果に影響します

脱水具合が強いと、補充する輸液量も多くしたいですが、脱水の程度がひどい子ほど、その輸液を吸収する能力が落ちています

 

  • 脱水がひどい子ほど輸液量は必要⇒ただし、1回の量は減らした方が身体の負担は軽減
  • 混和された薬剤も、1回の輸液量が少ない方が早く吸収される
  • 1回の輸液量は150ml以下で負担なく行う⇒1日に200ml必要なら、100mlx2回に分ける

   

1回の量にこだわる理由・・・

 

パスくん
パスくん

点滴液は何時間くらいで吸収されるの?

 

キャンちゃん
キャンちゃん

1回の点滴量が100mL程度なら、3~6時間ほどで吸収されます

12時間経っても前回の点滴液が残っている場合は、輸液量が多すぎるか、血流の循環を悪化させる別の原因があるかも

 

パスくん
パスくん

皮下点滴は毎日やらないと意味がないの?

 

キャンちゃん
キャンちゃん

皮下点滴が必要かどうかは、脱水しているかどうか?なので、1回の皮下点滴で、数日間必要ない子もいるよ

 

便秘していませんか?

高齢ネコさんでは、便秘の相談が多い傾向があります

腎臓病から便秘している子は、痩せていてフケっぽく毛づやが悪いといった特徴があります

根本的な原因は、「脱水」の場合が多いです
 

 

 

便秘の予防、改善にも十分な水分補給がおすすめ

🐈 猫壱 脚付きウォーターボウル

 

👇まるで食べる点滴。経口補水ゲル、脱水ケア

🐈 脱水ケアゲル

 

体内の水分が保てると、腎臓にも優しい血流になります

👇ゼリータイプ、液状タイプ、その都度溶かして使える粉末タイプなど、水分補給にオススメの商品のご紹介

 

 

参考文献

慢性腎疾患における皮下輸液
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dobutsurinshoigaku/22/1/22_7/_article/-char/ja/
長江 秀之, 織間 博光

猫の腎臓病がわかる本
https://amzn.to/3QchAQl
宮川 優一 (著)

 

▶ TOPページへ戻る

 

 

 

-皮下点滴