お家での皮下点滴

皮下点滴の頻度は?1回の量は?~計算方法が知りたい~

概要

おうちで皮下点滴を行う際、一番質問が多いのが、点滴の頻度1回の点滴量です。

標準的な方法が決まっていないのと、個体差もありますので、「この量が正解」とお答えできません。

実際は、点滴量が多すぎても、猫さんの身体が調節してくれることも多いですが、

なるべく腎臓に余計な負担はかけたくないものです。

このページでは、計算上の皮下点滴の必要量を分析してみたいと思います。

 

 

皮下点滴の頻度と、1回量の計算方法

皮下点滴で補充する量は、脱水(不足)している水分量です。

脱水しているかどうかの判断は、👇こちらを参考になさって下さい。

★脱水してますか?★

 

コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】

 

1日量の計算(脱水は何%?)

脱水量の判断は、下のような基準がありますが、
「在宅で皮下点滴をしましょう」という状態は、10%以下の脱水と考えられます。

脱水量(%)身体検査所見
5%以下嘔吐や下痢の病歴があっても、 身体検査では異常なし
5口腔粘膜の軽度の乾燥
6~8皮膚のつまみ持続時間が2~3秒、口腔粘膜の乾燥、眼球のわずかな陥没
8~10皮膚のつまみ持続時間が6~10秒
10~12皮膚のつまみ持続時間が20~45秒、口腔粘膜の乾燥、
眼球の明らかな陥没、中程度から高度の沈うつ
不随意的な筋の攣縮
12~15明らかなショック状態

まずは、平均的な5%で計算してみます。

 

体重3kgの猫さんの場合、5%脱水(不足している)であれば、体液の不足量は、3000x0.05=150ml となります。

脱水が緩和されたなと感じたら、脱水3%で計算して、3000x0.03=90mlになりますし、ちょっと脱水が進んでいる様子でしたら、

脱水が8%で計算して、3000x0.08=240ml となります。

 

 

和漢みらいのキャットフード【特別療法食(腎臓用)】

 

1回の輸液量は?どれくらい?

皮下点滴は、血管に直接入れないので、身体全体の循環状態(血の巡り)が効果に影響します。

脱水具合が強いと、補充する輸液量も多くしたいですが、脱水の程度がひどい子ほど、その輸液を吸収する能力が落ちています。

  • 脱水がひどい子ほど輸液量は必要⇒ただし、1回の量は減らした方が身体の負担は軽減
     
  • 混和された薬剤も、1回の輸液量が少ない方が早く吸収される
     
  • 1回の輸液量は150ml以下で負担なく行う⇒1日に200ml必要なら、100mlx2回に分ける
     

 

1回の量にこだわる理由・・・

肺水腫には要注意!

 

点滴液は何時間くらいで吸収されるの?

1回の点滴量が100ml程度でしたら、3~6時間ほどで吸収されます。

12時間後にまだ前回の点滴液が残っている場合は、輸液量が多すぎるか、血流の循環を悪化させている別の原因があるかもしれません。

 

皮下点滴は毎日やらないと意味がないですか?

皮下点滴は必ずしも毎日必要ではないかもしれません。
必要かどうかは、脱水しているかどうか?なので、1回の皮下点滴で、数日間必要ない子もいます。

 

便秘していませんか?

高齢ネコさんでは、便秘の相談が多い傾向があります。

腎臓病から便秘している子は、痩せていてフケっぽく毛づやが悪いといった特徴があります。

根本的な原因は、「脱水」の場合が多いです。
 

 

便秘の予防、改善にも十分な水分補給をおすすめします。

🐈 猫壱 脚付きウォーターボウル

 

👇まるで食べる点滴。経口補水ゲル、脱水ケア。

🐈 脱水ケアゲル

 

体内の水分が保てると、腎臓にも優しい血流になります。

 

関連記事

 

和漢みらいのキャットフード【特別療法食(胃腸・消化器用)】

 

2022/9/21

【猫用高血圧薬】赤いセミントラ登場 ~慢性腎臓病の合併症対策~

    セミントラ 10mg/mL経口液が承認・発売 慢性腎臓病の猫さんで、「セミントラ」を処方されている子は多いと思います。 水色に赤いラインのラベル。 「テルミサルタン」という有効成分(薬品名)の飲みぐすりです。 タンパク尿を抑えることが目的で処方されます。   赤色に水色ラインのラベルのセミントラが承認・発売されました。 こちらは、タンパク尿を抑える事と、高血圧の治療を目的に処方されます。   2つの違いは? 濃度と適応の効能・効果   慢性腎臓病の猫さんに処方されるセミントラですが、 腎臓の機能を ...

ReadMore

2022/9/21

【猫の皮下点滴と静脈点滴、くらべてみました】効果は?ストレス、苦痛は?~慢性腎臓病~

  コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   そもそも薬が効くためには・・・ 薬が効くためには、血管の中に薬の成分が入り(吸収)、血流に乗って全身に行き渡る(分布)事が必要です。 薬を身体に入れる方法(投与経路)は、次のようなものがあります。 経口投与(のみぐすり)  皮下投与  筋肉内投与  静脈内投与  外用薬(塗り薬・スポットオン)  坐薬・舌下投与(経粘膜投与)    投与経路によって、薬剤が血管に入るまでのスピードが違います。   先ほどの6つの中では、静脈内投与が(血管にダ ...

ReadMore

2022/8/10

【呼吸数の増加は肺水腫・痛みのサイン】~猫さんの呼吸数を数えてみよう~

    この子の呼吸数(1分間あたり)は何回でしょうか?   呼吸数を数えてみよう 『吸って・はいて』で1回です。 1分間で何回呼吸をしたか数えますが、通常は、30秒で何回呼吸したか数えて2倍するか、20 秒で何回呼吸したかを数えて3倍します。 上の動画も30秒で区切りました。 呼吸数は何回でしたか?   自社製造を行い製品をお届けするキャットフード専門店   1分間当たりの呼吸数 30秒で15~16回呼吸をしていますので、1分間当たり、30~32回です。   基準値は何回ですか? 20回以下→ 肺水腫の ...

ReadMore

2022/9/21

在宅皮下点滴(猫)の「これでいいの?」が解決できると、メリットがいっぱい

    在宅での皮下点滴、3大メリット 通院ストレスが減らせる  費用が抑えられる  治療・ケアに参加できる    『慢性腎臓病の猫さんを動物病院に連れていく』   ホントに気が重くなるハードルです。  キャリーケースに入れて、待合室で待って、診察台に乗せて、検査、注射、お会計、帰宅後は人間の方がぐったり…。  年に数回ならまだ耐えられますが、週に2回、3回が義務になってしまうと、ココロ折れそうになってしまいます。    最初の数週間は、しっかり通院での治療が必要になると思いますが、病状が安定してくれば、 ...

ReadMore

2022/8/10

在宅で猫の皮下点滴~暴れてしまうときの対処法~

在宅で皮下点滴を行う場合に、じっとしてくれない・動いてしまうという事がよく起こります。 動物病院の診察室で、猫さんに処置をする場合には、 素早く行う  音を立てない  押さえ過ぎず、猫のペースに合わせる  という点に気を付けています。   保定・押さえ方を工夫する 猫さんに注射をしたり、採血したり、爪を切ったりするとき、診察室で一番うまくいくコツは、押さえ過ぎないという点につきます。 ご自宅での点滴の際にも、参考にしていただくと、上手くいく事が多いです。 私は、一人で診療所を運営しているので、同業者から、 ...

ReadMore

 

 

 

-お家での皮下点滴