【ぐったり?肺水腫?】猫の在宅皮下点滴で起こりえる副作用

在宅皮下点滴

お家で皮下点滴ができるようになったものの、「これで合ってるのかな?」と心配になることもあると思います。

良かれと思ってやっていた皮下点滴をしたせいで、副作用が起こってしまうという後悔はしたくありませんよね。

皮下点滴による副作用と、予防・対処法をまとめました。

肺水腫

原因は、輸液量が多すぎること。

1回の量か、1日の回数を再検討する必要があります。

皮下点滴によって生じる恐れがある副作用で一番多いものが肺水腫です。

心臓と肺はつながっていて、点滴によって血流量が多くなって心臓が送りだすキャパを超えてしまうと、水分が肺に溜まってしまいます。

観察・予防ポイント

  • 呼吸数が普段に比べて早くないか?(1分間に40回以上の呼吸数は危険)
  • 口を開けて呼吸(開口呼吸)する場合は危険
  • 普段(寝ているとき)の呼吸数を、数えておきましょう
  • 点滴後の呼吸数が多い状態が続くようなら、
    かかりつけの獣医師と、1回の輸液量と補液の頻度を相談しましょう

たまに・・・なのですが、呼吸の状態を確認したいので聴診器を買いたいというご相談を受けます。

ドンキホーテとかに行くと、2,000円くらいでコスプレ用の聴診器があります。

実際、聞こえなくはないのですが、猫さんの場合、毛が当たってガサガサした”雑音”しか聞こえないと思います。

お奨めありますか?と言われれば…

リットマンというメーカーの聴診器。獣医学生が、初めて買う聴診器は大体コレです。

※診断できるように使う訳ではなく・・・

猫さんの生きている鼓動を感じるために使うっていう意味合いで使えます。

高血圧

副作用で肺水腫に次いで多いのが、高血圧です。

慢性腎臓病の猫さんの20%は、皮下点滴をしていなくても高血圧を合併していると言われます。

高血圧の悪化要因として体液量(循環血液量)の増加や、血管へのダメージがあります。

脱水具合に比べて皮下点滴量が多すぎると、体液の循環量が増えて、高血圧が悪化することがあります。

観察・予防ポイント

  • 定期的な血圧測定
  • 夜鳴きの頻度(高血圧による頭痛
  • 食欲のムラ
  • 瞳孔の開きぐあい
  • 甲状腺機能亢進症の併発の有無を、一度はチェック

病院で行う血圧測定は、

他の動物の声がしたり、違う環境というストレスで、

うまく測定できない場合が多いです。

 

家庭用の犬猫用血圧計も市販されています。

お値段がそこそこしますので、

一般の方向けになかなか積極的にお奨めしづらい部分もありますが、

ちゃんと測れるかどうか??というと、意外にちゃんと測れます☆

『正しく測れるの? ★動物用血圧計★ エルデ PES-1700 の使い心地 ~おうちで血圧測定~』
高齢猫の慢性腎臓病や甲状腺機能亢進症。高血圧を起こす原因となる病気は多いのですが、基本的に病院で測定する血圧はあまりあてになりません。  おうちで血圧が測れれ…

ERDEのロゴが入っていない”模造品”が、時々、出品されていますのでご注意を

貧血

貧血も、慢性腎臓病の猫では、皮下点滴をしていなくても起こる合併症の一つです。

皮下点滴をしていると、血液が薄まって貧血がひどくなるという意見もありますが、脱水している場合には、補液は必要です。

脱水が改善されている貧血の場合には、造血剤などのアプロローチが必要になるかもしれません。

観察・予防ポイント

  • 猫は貧血がかなり進行するまで、ふらつきなどの症状が出ない
  • 予防的に、鉄やビタミンB群を補給することもある

 

ヘモテクトは粒状のサプリメント。

鉄剤のサプリは、実は独特の味がします。

フィルムコーティングで鉄の味を感じさせないように作られています。

 

ペットチニックは、とろみのついた液状。

ウエットフードや、ちゅーるに混ぜ合わせたりして与えやすいです。

水中毒

慢性腎臓病の猫の在宅皮下点滴の場合、ほとんどの場合が、乳酸リンゲル液を使用します。

点滴液の種類についてはこちらの記事をご確認ください。

何らかの理由で、血液中のナトリウム濃度が低い状態が続くと、“水中毒”という状態になります。

嘔吐が増えたり、重度の場合けいれん発作が起きることもあります。

腎臓病のような、全身の体液に関わる病気では、血液検査の電解質にも目を配る必要があります。

皮下気腫

めったに起こることがない副作用ですが、点滴ラインに大量の空気が混ざった場合、皮下の組織に空間ができてしまう事があります。

点滴した後のふくらみが時間がたっても引かず、触ると細かい紙を丸めたようなクシャクシャとした空気の音が聞こえます。

膿瘍(のうよう)

滅多に起きる副作用ではありませんが、皮下で細菌が増えてしまい、膿の袋を作ってしまう事があります。

皮下点滴液には、ブドウ糖は入れないというのが原則ですが、ブドウ糖入りのビタミン剤を混和した場合に、ごく稀に起きてしまうようです。(ブドウ糖が細菌の栄養になるため)

※使い捨ての針を再利用したりしなければ、針からの感染はまずありません。

Follow me!

ZEROどうぶつクリニック

〒136-0072
東京都江東区大島1-30-14
コーポ川上1F
03-5626-3335

完全予約制ですので、
必ずお電話またはLINEメッセージ(友だち登録後)でのご予約をお願いします。https://lin.ee/obgrNfn

診察中・手術中など、
電話に出られないことがあります。

在宅皮下点滴腎臓病関連
山本 健二をフォローする
【公式】江東区 ZEROどうぶつクリニック(西大島駅近く)

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました