お家での皮下点滴

★点滴液を知ろう★ 生理食塩水・リンゲル・乳酸リンゲル~保存方法・使用期限は?~

ポイント

お家で皮下点滴をすることになった猫の飼い主さん。

TwitterやSNSを見たら、病院で教えられた方法と違っていたり、点滴の色が違っていたり、使っている液体の名前が違っていたり・・・。

あれ?これで合ってるのかな?なんでこうなんだろうな?と思った時に、活用してもらえる記事になっています。

 

点滴液は何が処方されていますか?

【アンケート】点滴液は何が処方されていますか?

 

Twitterで、点滴液についてアンケートをとってみました。

圧倒的に、乳酸リンゲルですね。

乳酸リンゲルは薬品名で、商品名で言うと、ソルラクトとか、ラクテック、ラクトリンゲル、ハルゼンなどがあります。

※中身はほぼ一緒です。

生理食塩水から解説した方が分かりやすいと思いますので、順番に解説していきます。

 

月々3,980円定額の水素水ウォーターサーバーのアクアバンク【正規代理店】

 

 

生理食塩水

生理食塩水 500ml(テルモ)

体の体液と同じ濃度(0.9%)の食塩水を生理食塩水と呼びます。

体液と塩分濃度が違うと、水分の移動が起こり(浸透圧といいます)、体液の流れに影響がでます。

生理食塩水は点滴以外にも、傷口の洗浄や手術時の組織の保護、洗眼、尿道・膀胱内洗浄など、体内で安心して使える水分です。

 

生理食塩水は、どんな病気に使う?

糖尿病が悪化した際の昏睡や、高カルシウム血症の際には、生理食塩水を使用します。

慢性腎臓病の猫さんでの在宅皮下点滴で、生理食塩水が処方される場合は、併発症など、何らかの理由があると思われます。

 

リンゲル液

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 804WN833.jpg
リンゲル液 500ml(大塚)

生理食塩水は、単に体液と同じ濃度の食塩水。

リンゲル液は、生理食塩水にカリウム(K)カルシウム(Ca)を加え、より体液に近い成分に近づけた点滴液です。

 

インターネットが要らない介護用見守りカメラ【みまもりCUBE】

 

乳酸リンゲル

ソルラクト500ml(テルモ)

リンゲル液に、乳酸が混ざっているものが乳酸リンゲル

在宅での皮下点滴では、一番処方される事が多い点滴液です。

製品名では、ソルラクト、ハルトマン液、ラクテックといった表記です。

 

なんで乳酸が混ざってるの?

腎臓病の猫さんの体液は、"酸性"に変化します。

「乳酸」を混ぜると余計に"酸"性になりそうですが、身体の中で乳酸が分解されて、体液をアルカリ側に変化させます。

 

うちの子のは乳酸リンゲルじゃないけど?

乳酸リンゲルは、慢性腎臓病の猫さんの皮下点滴の第一選択ですが、肝臓に負担をかけたくない場合や、腫瘍を抱えている場合(※腫瘍細胞は乳酸を栄養源にしやすい)に、リンゲル液酢酸リンゲルを使用する場合があります。

 

酢酸リンゲル

ソルアセト 500ml(テルモ)

リンゲル液に、酢酸が混ざっているものが酢酸リンゲル。

製品名では、ソルアセト、フィジオといった表記です。

 

なぜ酢酸が混ざってるの?

腎臓病の猫さんの体液は、"酸性"に変化します。

「酢酸」を混ぜると余計に"酸"性になりそうですが、身体の中で酢酸が分解されて、体液がアルカリ側に変化します。

 

乳酸リンゲルじゃないけどなんで?

乳酸リンゲルは、慢性腎臓病の猫さんの皮下点滴の第一選択です。

乳酸は肝臓で分解・代謝されるのですが、酢酸は肝臓と全身の筋肉でも分解されます。

肝臓に負担をかけたくない場合や、腫瘍を抱えている場合(※腫瘍細胞は乳酸を栄養源にしやすい)などに、酢酸リンゲルを使用する場合があります。

 

保存方法・温めた方が良い?使用期限はどれくらい?

  • 輸液剤の使用は開封後1週間以内が目安
     
  • 冷蔵庫で保管する方が無難だが、2~3日であれば、室温保存でも可
     
  • ブドウ糖が混和されている輸液剤は腐敗しやすい
     
  • 輸液する際は、常温~38℃くらいの温度にする
     

 

皮下点滴液の保存方法

1回の点滴量は70~150mlくらい。

輸液頻度にもよりますが、1週間以内に使いきれると思います。

シールが貼ってあれば未開封

 

無菌操作がしっかりできていれば、輸液バッグ内で細菌が激しく増殖することはありません。

※抗生物質が混和されているかどうかでの違いはあまりありません。

室温(約20℃)での保存が難しい夏場は、冷蔵庫での保存が無難だと思います。

 

レバチオニンなど複合ビタミンが混和されている場合

ビタミンB群製剤(例:レバチオニンなど)があらかじめ混和されていて、黄色い輸液剤を処方されている場合があります。

ビタミンB群は光が当たっていると効果がなくなってしまいますので、冷蔵庫のような冷暗所で保存する方が望ましいです。

 

投与前に輸液剤を温める

輸液剤を使用するときは、常温~38℃くらいに温めてください。

バッグをぬるま湯につけるか、室温に20~30分ほど置いて下さい。

電子レンジを使用する際は、10~20秒ごとに撹拌して、確認しながら温めてください。

 

2022/8/10

【黄色い?透明?】皮下点滴液に混和する可能性のある薬剤は?

    ビタミンB群   ビタミンB1    (チアミン)炭水化物からエネルギーを作る。神経の機能にはたらく。ビタミンB2     (リボフラビン)炭水化物、タンパク質、 脂質からエネルギーを作る。抗酸化作用。ナイアシン炭水化物,、タンパク質、脂質からエネルギーを作る。ビタミンB6タンパク質の分解と再合成を助ける。神経伝達情報や造血(ヘモグロビンの合成)を助ける。ビタミンB12(コバラミン)DNAの合成を助ける。葉酸DNAの合成を助ける。造血を助ける。パントテン酸炭水化物、タンパク質、脂質からエネルギーを ...

ReadMore

2022/9/21

【猫用高血圧薬】赤いセミントラ登場 ~慢性腎臓病の合併症対策~

    セミントラ 10mg/mL経口液が承認・発売 慢性腎臓病の猫さんで、「セミントラ」を処方されている子は多いと思います。 水色に赤いラインのラベル。 「テルミサルタン」という有効成分(薬品名)の飲みぐすりです。 タンパク尿を抑えることが目的で処方されます。   赤色に水色ラインのラベルのセミントラが承認・発売されました。 こちらは、タンパク尿を抑える事と、高血圧の治療を目的に処方されます。   2つの違いは? 濃度と適応の効能・効果   慢性腎臓病の猫さんに処方されるセミントラですが、 腎臓の機能を ...

ReadMore

2022/9/21

在宅皮下点滴(猫)の「これでいいの?」が解決できると、メリットがいっぱい

    在宅での皮下点滴、3大メリット 通院ストレスが減らせる  費用が抑えられる  治療・ケアに参加できる    『慢性腎臓病の猫さんを動物病院に連れていく』   ホントに気が重くなるハードルです。  キャリーケースに入れて、待合室で待って、診察台に乗せて、検査、注射、お会計、帰宅後は人間の方がぐったり…。  年に数回ならまだ耐えられますが、週に2回、3回が義務になってしまうと、ココロ折れそうになってしまいます。    最初の数週間は、しっかり通院での治療が必要になると思いますが、病状が安定してくれば、 ...

ReadMore

2022/8/10

皮下点滴の頻度は?1回の量は?~計算方法が知りたい~

    皮下点滴の頻度と、1回量の計算方法 皮下点滴で補充する量は、脱水(不足)している水分量です。 脱水しているかどうかの判断は、👇こちらを参考になさって下さい。   コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   1日量の計算(脱水は何%?) 脱水量の判断は、下のような基準がありますが、「在宅で皮下点滴をしましょう」という状態は、10%以下の脱水と考えられます。 脱水量(%) 身体検査所見 5%以下 嘔吐や下痢の病歴があっても、 身体検査では異常なし 5 口腔粘膜の軽度の ...

ReadMore

2022/8/10

【呼吸数の増加は肺水腫・痛みのサイン】~猫さんの呼吸数を数えてみよう~

    この子の呼吸数(1分間あたり)は何回でしょうか?   呼吸数を数えてみよう 『吸って・はいて』で1回です。 1分間で何回呼吸をしたか数えますが、通常は、30秒で何回呼吸したか数えて2倍するか、20 秒で何回呼吸したかを数えて3倍します。 上の動画も30秒で区切りました。 呼吸数は何回でしたか?   自社製造を行い製品をお届けするキャットフード専門店   1分間当たりの呼吸数 30秒で15~16回呼吸をしていますので、1分間当たり、30~32回です。   基準値は何回ですか? 20回以下→ 肺水腫の ...

ReadMore

-お家での皮下点滴