在宅皮下点滴(猫)の「これでいいの?」が解決できると、メリットがいっぱい

在宅皮下点滴

慢性腎臓病で、継続的な皮下点滴が必要になってしまった。

お家で皮下点滴してみませんか?と提案され、はじめて見たけど・・・

  • 猫が暴れる!嫌がる!ココロ折れそう…。
  • 毎日点滴の人もいれば、週に1回の人もいる
  • 加圧バッグって何?
  • ソルラクト?生食?なんで使ってるものが違うの?
  • 1回の量は?どれくらい?

次から次に、色々な疑問が出てきませんか?

電解質とは?とか、肺水腫とは?

みたいな難しい専門用語が理解できなくても、

猫さんの食欲が出てきたり、吐く回数が減ったり、

“顔色”が良くなっていくのが実感できると、

在宅での皮下点滴のモチベーションが上がります。

在宅での皮下点滴、3大メリット

  • 治療・ケアに参加できる
  • 通院ストレスが減らせる
  • 費用が抑えられる

 

『慢性腎臓病の猫さんを動物病院に連れていく』

ホントに気が重くなるハードルです。

 

キャリーケースに入れて、

待合室で待って、診察台に乗せて、

検査、注射、お会計、

帰宅後は人間の方がぐったり…。

 

年に数回ならまだ耐えられますが、

週に2回、3回が義務になってしまうと、

ココロ折れそうになってしまいます。

 

最初の数週間は、

しっかり通院での治療が必要になると思いますが、

病状が安定してくれば、

お家でのケアができれば良いなと思います。

 

猫さんの通院ストレスが減らせて、

ほとんどの場合、費用が通院よりも抑えられます。

何より『飼い主さんご自身がケアしてあげられる』

というのが最大のメリットです。

 

ただ、「こんなはずじゃなかった」とお互いならないように、

  • 一方的な押し付け・丸投げにしない
  • 飼い主さんは疑問をたくさん抱えている

と、獣医師も気をつけておかないといけません。

点滴液の種類ってこれでいいの?

自宅でのケアでは、色んな疑問がその都度発生すると思います。

あまりガチガチに勉強する必要はありませんが、

  • 何をしているのか?
  • 何のためにしているのか?
  • どうなればOKなのか?

といった事が、『なんとなく』わかっておくだけで十分だと思います。

9割のパターン以外だった場合に、

「なんでだろう?」

という疑問は、担当の獣医師に質問して、

目的を共有しておく事が重要です。

 

何度も書きますが、

「こんなはずじゃなかった」

「そんなの知らなかった」

という後悔はなるべく避けたいものです。

👇 もっと詳しく

 

点滴の量はこれでいいの? 1回量は? 頻度は?

ほとんどの場合、1回の輸液量は50~150ml

慢性腎臓病での皮下点滴の目的は、

『脱水の改善・緩和』です。

脱水を改善させる量は、その子その子で違います。 

客観的に”計算”するには脱水量の判断が必要です。

脱水具合が強いと、補充する輸液量も多くしたいですが、

脱水の程度がひどい子ほど、1回の輸液を吸収する能力が落ちています。

👇 もっと詳しく

 

【ココロ折れそう…】猫さんが暴れるんですけど・・・

診察室で皮下点滴のやり方を撮影させてもらいましょう。

コツは・・・

・素早く行う

・押さえ過ぎず、猫のペースに合わせる

イメージトレーニング(素振り)をしましょう。

👇 もっともっと詳しく

 

★液漏れ・逆流★ ~トラブルシューティング~

お家でのケアでは、色々なトラブルに遭遇します。

その際に、大事なことは「まずは落ち着く」事です。

手術のような、やり直しの利かないことではありません。

点滴液が漏れたり、目標の半分しか入らなかったり、

思い通りにならないことが、時には起こると思いますが、

まずは「落ち着いて」無理せず、

やり直すことで解決することがほとんどです。

 

👇 トラブルシューティングはこちら

『★高齢猫さん★在宅での皮下点滴トラブルシューティング(その3)』
困った時は・・・?トラブル例点滴筒にソルラクトが満タン! 注射筒には、このあたりまでという目印が入っているものもあります。 点滴筒の中にある程度空気が入ってな…

 

定期検査・経過観察は何を見たらいい?どれくらいおき?

・動物病院での血液検査は

皮下点滴を始めた当初は、月に1~2回。

状態が安定すれば、3~4か月に1回くらい。

 

・お家での経過観察も重要。

脱水具合、排便・排尿、体重のチェック

 

病院がチェックすること

問診、体重・血圧測定、触診・聴診などの一般身体検査、

生化学検査や血球計算(貧血の有無も含)といった血液検査、尿検査、

改善?/横ばい?/悪化? という『変化』を確認する事が多いです。

おうちでチェックできること

お家でのチェック項目

  • 食欲(実際に食べた量)の変化
  • 排便の様子←脱水していると便秘が起こります
  • 排尿の回数/量の変化
  • 体重の変化

特に、体重の変化には気を付ける必要があります。

【良かれと思ってやっていたのに…】副作用について

目的としている効果ではない作用を副作用といいます。

厳密には、『副作用は全て有害』という訳ではありませんが、

想定内か?想定外か?というのは、心の準備に大きく違いがでます。

特に、今までと方法が変わったり、

新しい薬が追加されたりといった際は、

担当の獣医師と、

目的を共有しておく事が重要です。

 

何度も書きますが、

「こんなはずじゃなかった」

「そんなの知らなかった」

という後悔はなるべく避けたいものです。

 

【もしかしたら…】皮下点滴からの脱却方法

『心配だから』『念のため』という皮下点滴が、

実際には多く行われている印象があります。

また、栄養の補給という誤解をされているケースも多いと感じます。

(※皮下点滴で1日の栄養をまかなう事はできません)

本当は必要ない処置なのでは?

目的が共有されていないのでは?

皮下点滴以外の方法でも改善できるのでは?

👇 状態が落ち着いた時点で、検討してみた方が良いと思います。

Follow me!

ZEROどうぶつクリニック

〒136-0072
東京都江東区大島1-30-14
コーポ川上1F
03-5626-3335

完全予約制ですので、
必ずお電話またはLINEメッセージ(友だち登録後)でのご予約をお願いします。https://lin.ee/obgrNfn

診察中・手術中など、
電話に出られないことがあります。

在宅皮下点滴腎臓病関連
山本 健二をフォローする
【公式】江東区 ZEROどうぶつクリニック(西大島駅近く)

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました