お家での皮下点滴

在宅皮下点滴(猫)の「これでいいの?」が解決できると、メリットがいっぱい

概要

猫の慢性腎臓病の治療には、点滴(静脈または皮下)が必要になる場合が多いです。

状態が落ち着いたら、皮下点滴に通う(通院)か、お家で皮下点滴(在宅)することもあります。

在宅の皮下点滴、いざ始めてはみたけれど、

  • 猫が暴れる!嫌がる!ココロ折れそう…。
     
  • 毎日点滴の人もいれば、週に1回の人もいる
     
  • 加圧バッグって何?
     
  • ソルラクト?生食?なんで使ってるものが違うの?
     
  • 1回の量は?どれくらい?
     

次から次に、色々な疑問が出てきませんか?

在宅での皮下点滴によって、猫さんの食欲が出てきたり、吐く回数が減ったり、"顔色"が良くなっていくのが実感できると、モチベーションが上がります。

動物病院に不安や疑問を相談しにくい飼い主さんの、疑問解消に少しでもお役に立てればよいなと思います。

 

2022/11/21

【猫の腎臓病】尿検査でタンパク(±)ってヤバいの??尿検査が大切な理由もあわせて解説

猫の尿検査の場合、タンパク(±)は病的な異常ではない場合がほとんどです。

ただし、一応気にしておくべきポイント(理由)がありますので、併せてご確認ください。

ReadMore

2022/11/20

【猫用高血圧薬】赤い?青い?セミントラの違いについて ~慢性腎臓病の合併症対策~

      セミントラ 10mg/mL経口液が承認・発売   赤色に水色ラインのラベルのセミントラが承認・発売されました。 こちらは、タンパク尿を抑える事と、高血圧の治療を目的に処方されます。       「セミントラ」を処方されている慢性腎臓病の猫さんは多いと思います。 水色に赤いラインのラベル。 「テルミサルタン」という有効成分(薬品名)の飲みぐすりです。 タンパク尿を抑えることが目的で処方されます。   2つの違いは? 濃度と適応の効能・効果   慢性腎臓病の猫さんに処方されるセミントラですが、 腎 ...

ReadMore

2022/10/8

【猫の皮下点滴と静脈点滴、くらべてみました】効果は?ストレス、苦痛は?~慢性腎臓病~

    そもそも薬が効くためには・・・ 薬が効くためには、血管の中に薬の成分が入り(吸収)、血流に乗って全身に行き渡る(分布)事が必要です。 薬を身体に入れる方法(投与経路)は、次のようなものがあります。 経口投与(のみぐすり)  皮下投与  筋肉内投与  静脈内投与  外用薬(塗り薬・スポットオン)  坐薬・舌下投与(経粘膜投与)    投与経路によって、薬剤が血管に入るまでのスピードが違います。   先ほどの6つの中では、静脈内投与が(血管にダイレクトに入れていますので)一番早く血管に入ります。   ...

ReadMore

2022/10/7

【呼吸数の増加は肺水腫・痛みのサイン】~猫さんの呼吸数を数えてみよう~

    この子の呼吸数(1分間あたり)は何回でしょうか?   呼吸数を数えてみよう 『吸って・はいて』で1回です。 1分間で何回呼吸をしたか数えますが、通常は、30秒で何回呼吸したか数えて2倍するか、20 秒で何回呼吸したかを数えて3倍します。 上の動画も30秒で区切りました。 呼吸数は何回でしたか?     1分間当たりの呼吸数 30秒で15~16回呼吸をしていますので、1分間当たり、30~32回です。   基準値は何回ですか? 20回以下→ 肺水腫の可能性は低い。痛みはなくリラックスしている。  20 ...

ReadMore

2022/9/21

在宅皮下点滴(猫)の「これでいいの?」が解決できると、メリットがいっぱい

    在宅での皮下点滴、3大メリット 通院ストレスが減らせる  費用が抑えられる  治療・ケアに参加できる    『慢性腎臓病の猫さんを動物病院に連れていく』   ホントに気が重くなるハードルです。  キャリーケースに入れて、待合室で待って、診察台に乗せて、検査、注射、お会計、帰宅後は人間の方がぐったり…。  年に数回ならまだ耐えられますが、週に2回、3回が義務になってしまうと、ココロ折れそうになってしまいます。    最初の数週間は、しっかり通院での治療が必要になると思いますが、病状が安定してくれば、 ...

ReadMore

 

在宅での皮下点滴、3大メリット

  • 通院ストレスが減らせる
     
  • 費用が抑えられる
     
  • 治療・ケアに参加できる
     

 

『慢性腎臓病の猫さんを動物病院に連れていく』

 

ホントに気が重くなるハードルです。 

キャリーケースに入れて、待合室で待って、診察台に乗せて、検査、注射、お会計、帰宅後は人間の方がぐったり…。 

年に数回ならまだ耐えられますが、週に2回、3回が義務になってしまうと、ココロ折れそうになってしまいます。 

 

最初の数週間は、しっかり通院での治療が必要になると思いますが、病状が安定してくれば、お家でのケアができれば良いなと思います。 

猫さんの通院ストレスが減らせて、ほとんどの場合、費用が通院よりも抑えられます。

何より飼い主さんご自身がケアしてあげられる

というのが最大のメリットです。

 

一度点滴を始めたら、一生、点滴生活なの??

 

あまり期待させ過ぎてしまうと、「こんなはずじゃなかった」となってしますが、

当初、毎日皮下点滴をお願いしていた猫さんが、

数か月かけて、週に数回に頻度を減らせることは、よく経験しています。

 

飲水量の確保・脱水の改善があれば…

 

点滴液の種類ってこれでいいの?

自宅でのケアでは、色んな疑問がその都度発生すると思います。

あまりガチガチに勉強する必要はありませんが、

  • 何をしているのか?
     
  • 何のためにしているのか?
     
  • どうなればOKなのか?
     

といった事が、『なんとなく』わかっておくと、モヤモヤすることが少なくなると思います。

 

 

たとえば、9割の人は乳酸リンゲルなのに、ウチは酢酸リンゲルだったという場合に、

「なんでだろう?」という疑問が起きた場合は、

担当の獣医師に質問して、目的を共有しておく事が重要です。

 

何度も書きますが、「こんなはずじゃなかった」「そんなの知らなかった」という後悔はなるべく避けたいものです。

 

もっと詳しく

 

点滴の量はこれでいいの? 1回量は? 頻度は?

 

猫さんの場合

ほとんどの場合、1回の輸液量は50~150mLくらい。

ウチは250mLだけど・・・「なんでだろう?」という疑問は、担当の獣医師に質問して、目的を共有しておく事が重要です。

 

慢性腎臓病での皮下点滴の目的は、『脱水の改善・緩和』です。

脱水を改善させる量は、その子その子で違います。 

客観的に"計算"するには脱水量の判断が必要です。

ただ、生き物の身体の様子は、全て計算で"答え"が出るものではありません。

 

何度も書きますが、「なんでだろう?」という疑問は、

担当の獣医師に質問して、目的を共有しておく事が重要です。

 

脱水の程度(%)を意識して

 

脱水具合が強いと、補充する輸液量も多くしたいですが、

脱水の程度がひどい子ほど、1回の輸液を吸収する能力が落ちています。

 

もっと詳しく

 

【ココロ折れそう…】猫さんが暴れるんですけど・・・

 

ポイント

診察室で皮下点滴のやり方を撮影させてもらいましょう。

コツは・・・

  • 素早く行う
     
  • 押さえ過ぎず、猫のペースに合わせる
     

イメージトレーニングをしましょう。

 

もっともっと詳しく

 

★液漏れ・逆流★ ~トラブルシューティング~

 

お家でのケアでは、色々なトラブルに遭遇します。

その際に、大事なことは「まずは落ち着く」事です。

手術のような、やり直しの利かないことではありません。
 

点滴液が漏れたり、目標の半分しか入らなかったり、

思い通りにならないことが、時には起こると思いますが、

まずは「落ち着いて」無理せず、やり直すことで解決することがほとんどです。

 

皮下点滴のトラブルシューティング

 

 

定期検査・経過観察は何を見たらいい?どれくらいおき?

 

動物病院での血液検査は、皮下点滴を始めた当初は、月に1~2回。

状態が安定すれば、3~4か月に1回くらい。

 

病院がチェックすること

問診、体重・血圧測定、触診・聴診などの一般身体検査、

生化学検査や血球計算(貧血の有無も含)といった血液検査、尿検査、

改善?/横ばい?/悪化? という『変化』を確認する事が多いです。

 

おうちでチェックできること

お家でのチェック項目

  • 食欲(実際に食べた量)の変化
     
  • 排便の様子←脱水していると便秘が起こります
     
  • 排尿の回数/量の変化
     
  • 体重の変化
     

 

特に、体重の変化には気を付ける必要があります。

【良かれと思ってやっていたのに…】副作用について

目的としている効果ではない作用を副作用といいます。

厳密には、『副作用は全て有害』という訳ではありませんが、

想定内か?想定外か?というのは、心の準備に大きく違いがでます。

 

皮下点滴が有害な場合もあります

 

特に、今までと方法が変わったり、新しい薬が追加されたりといった際は、

担当の獣医師と、目的を共有しておく事が重要です。 

 

何度も書きますが、「こんなはずじゃなかった」「そんなの知らなかった」

という後悔はなるべく避けたいものです。

 

【もしかしたら…】皮下点滴からの脱却方法

 

ポイント

『心配だから』『念のため』という皮下点滴が、

実際には多く行われている印象があります。

また、栄養の補給という誤解をされているケースも多いと感じます。

(※皮下点滴で1日の栄養をまかなう事はできません)

 

本当は必要ない処置なのでは?

目的が共有されていないのでは?

皮下点滴以外の方法でも改善できるのでは?

状態が落ち着いた時点で、検討してみた方が良いと思います。

一度は確認

 

-お家での皮下点滴