お家での皮下点滴

【黄色い?透明?】皮下点滴液に混和する可能性のある薬剤は?

ポイント

在宅で行う皮下点滴の場合、ソルラクトなどのベースになる液体に、様々な薬剤を混和してお渡しする場合もよくあります。

ビタミン剤、抗生物質、ステロイド系抗炎症剤、H2ブロッカー、吐き気止め、下痢止め、止血剤・・・

なお、皮下点滴では"栄養"の補給はできません水分・電解質の補給が目的で行われます。

処方(混和)する可能性のある薬剤の一例をご紹介します。

 

 

ビタミンB群

 

ビタミンB1    
(チアミン)
炭水化物からエネルギーを作る。神経の機能にはたらく。
ビタミンB2     
(リボフラビン)
炭水化物、タンパク質、 脂質からエネルギーを作る。抗酸化作用。
ナイアシン炭水化物,、タンパク質、脂質からエネルギーを作る。
ビタミンB6タンパク質の分解と再合成を助ける。
神経伝達情報や造血(ヘモグロビンの合成)を助ける。
ビタミンB12
(コバラミン)
DNAの合成を助ける。
葉酸DNAの合成を助ける。造血を助ける。
パントテン酸炭水化物、タンパク質、脂質からエネルギーを作る。
ホルモンの合成、HDL(善玉)コレステロールの合成を助ける。
ビオチン炭水化物、タンパク質、脂質からエネルギーを作り出す。
皮膚の炎症を起こす物質の排泄を助ける。
主なビタミンB群物質

 

ビタミンB群は、水溶性のビタミンで、過剰に摂取しても尿から排泄されるため、過剰症の副作用はありません。

造血を助ける物質でもあるので、貧血予防のために混和されることも多いです。

また、猫はチアミン(ビタミンB1)の要求量が多いので、食べる量が落ちている場合には、積極的に補給します。

混和されていた場合は、点滴液は黄色です。ビタミンB12は鮮やかな赤色。

※黄色ならビタミン剤という訳ではありません。

 

ペットチニック 30mL

ビタミン剤は、皮下に注射をすると痛がる子が多いので、口から摂取可能であれば、サプリメントで補うこともお奨めです。

 

スマートフォンで家族を見守り【介護用見守りカメラ みまもりCUBE】

 

H2ブロッカー

 

尿毒素から生じる胃潰瘍の治療にはH2ブロッカー、注射用のファモチジン(商品名でガスター)がよく用いられます。

経口投与(飲み薬)が難しい場合、点滴に混和する場合があります。

混和されていた場合、無色透明です。

H2ブロッカーは、腎臓病の猫さんに使用する場合には、薬用量の調節が必要です。

市販の飲み薬、ガスターは使用しないでください。

 

抗生物質

抗生物質の予防的投与には、賛否両論あります。

また、腎機能が落ちている猫さんに抗生物質を使用する場合には、投与量の調節(減量)が必要な場合が多いです。

 

あわせて読みたい

 

在宅の皮下点滴の場合、注射部位の感染を心配されると思います。

そのために抗生物質を混和する場合もあります。

ただ、膿瘍(のうよう)を作るような感染は非常に稀です。

 

※FIV(猫エイズウイルス)陽性の猫さんなど、免疫機能に問題のある猫の場合には、注意が必要です。

混和時の点滴は、無色透明です。

 

ステロイド系抗炎症薬

抗生物質と同様に、賛否両論があるのがステロイド系の抗炎症薬です。

抗炎症薬は文字通り、炎症を抑えるお薬です。

 

炎症があると・・・

発熱(熱を持つ)・発赤(赤くなる)・腫脹(腫れる)・疼痛(痛み)といった徴候が見られ、抗炎症薬は、そういった徴候を改善します。

内臓が傷んでいるときには、脳、腎、肝、腸、肺、口内・・・と、炎症が起きていることがほとんど。

ステロイド剤は炎症をとてもよく抑えてくれます。

 

長期使用による副作用に注意して使用しますが、使うときにはしっかり使うという類のお薬です。

点滴液に混和する際には、水溶性プレドニゾロンというお薬を使用します。

点滴液は無色透明です。

※懸濁性のプレドニゾロンの場合、白い粉末が沈殿します。

 

下痢止め・制吐剤・止血剤

下痢をしているとき、嘔吐が続くとき、血尿があるとき、症状に応じて、経口薬が難しい場合など、皮下点滴液に、注射薬を混和する場合があります。

 

あくまで対症療法なので、症状が続く場合は、精査することが必要です。

 

栄養は入れられるの?

点滴の目的は水分と電解質の補給

 

皮下点滴では栄養は入れることができません

皮下点滴の目的は水分と電解質の補給です。

身体を作る素になるタンパク質」「脂肪」「炭水化物」といった栄養素は混和できません。

むしろ、皮下に栄養素を埋め込むと、身体に吸収されず、腐敗して膿瘍(膿み)になってしまいます。

 

 

2022/8/10

【ぐったり?肺水腫?】猫の在宅皮下点滴で起こりえる副作用

    肺水腫 原因は、輸液量が多すぎること。 1回の量か、1日の回数を再検討する必要があります。 皮下点滴によって生じる恐れがある副作用で一番多いものが肺水腫です。 心臓と肺はつながっていて、点滴によって血流量が多くなって心臓が送りだす能力を超えてしまうと、水分が肺に溜まってしまいます。     コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   高血圧 副作用で肺水腫に次いで多いのが、高血圧です。慢性腎臓病の猫さんの20%は、皮下点滴をしていなくても高血圧を合併していると言われます。 高血圧 ...

ReadMore

2022/8/10

在宅で猫の皮下点滴~暴れてしまうときの対処法~

在宅で皮下点滴を行う場合に、じっとしてくれない・動いてしまうという事がよく起こります。 動物病院の診察室で、猫さんに処置をする場合には、 素早く行う  音を立てない  押さえ過ぎず、猫のペースに合わせる  という点に気を付けています。   保定・押さえ方を工夫する 猫さんに注射をしたり、採血したり、爪を切ったりするとき、診察室で一番うまくいくコツは、押さえ過ぎないという点につきます。 ご自宅での点滴の際にも、参考にしていただくと、上手くいく事が多いです。 私は、一人で診療所を運営しているので、同業者から、 ...

ReadMore

2022/9/21

在宅皮下点滴(猫)の「これでいいの?」が解決できると、メリットがいっぱい

    在宅での皮下点滴、3大メリット 通院ストレスが減らせる  費用が抑えられる  治療・ケアに参加できる    『慢性腎臓病の猫さんを動物病院に連れていく』   ホントに気が重くなるハードルです。  キャリーケースに入れて、待合室で待って、診察台に乗せて、検査、注射、お会計、帰宅後は人間の方がぐったり…。  年に数回ならまだ耐えられますが、週に2回、3回が義務になってしまうと、ココロ折れそうになってしまいます。    最初の数週間は、しっかり通院での治療が必要になると思いますが、病状が安定してくれば、 ...

ReadMore

2022/9/21

【猫の皮下点滴と静脈点滴、くらべてみました】効果は?ストレス、苦痛は?~慢性腎臓病~

  コンセントにさすだけですぐに見守り!【みまもりCUBE】   そもそも薬が効くためには・・・ 薬が効くためには、血管の中に薬の成分が入り(吸収)、血流に乗って全身に行き渡る(分布)事が必要です。 薬を身体に入れる方法(投与経路)は、次のようなものがあります。 経口投与(のみぐすり)  皮下投与  筋肉内投与  静脈内投与  外用薬(塗り薬・スポットオン)  坐薬・舌下投与(経粘膜投与)    投与経路によって、薬剤が血管に入るまでのスピードが違います。   先ほどの6つの中では、静脈内投与が(血管にダ ...

ReadMore

2022/8/9

【脱却可能?】~猫の腎臓病~皮下点滴に頼らずに脱水を改善できるか?

  皮下点滴を行う理由は、脱水の緩和です。 脱水状態から脱却できれば、皮下点滴は必要なくなります。 慢性腎臓病を患うと、体内の老廃物を捨てるために尿量が多くなりますが、口からの水分摂取量を可能な限り補うことで、毎日の皮下点滴から週に1~2回に…と頻度を減らすことは十分可能です。     お水の器をひと工夫して、飲水量を確保 口からの水分の摂取、まずは飲水方法を再考です。 いつでも飲める  いくらでも飲める  を目指します!   流れるお水を設置したり、 ペット 循環式 給水器 EVERSWEET3 第3世 ...

ReadMore

 

-お家での皮下点滴