【猫さんの食欲刺激薬】ペリアクチン vs ミルタザピン【比べてみました】

医薬品情報

老齢期、猫さんの食欲が落ちた際に食欲を刺激する薬を処方される事があります。 ペリアクチンミルタザピンを比較してみました。
 

ペリアクチン(シプロヘプタジン)

ペリアクチンは商品名で、薬品名はシプロヘプタジンという薬品です。

人体薬で、錠剤、シロップ、散剤が流通されています。

1-2mgを1日1-2回投与というのが一般的な使われ方です。

4mg錠剤でしたら1/4錠です。

食欲が落ちている子への投薬なので、錠剤が難しい場合もありますが、シロップを投与する場合は2.5mlとなり量が多めです。
 

【作用・特徴】

本来はアレルギー性疾患(じんましんや皮膚炎、アレルギー性鼻炎)の治療薬です。

食欲が亢進するという副作用を逆手に取って、食欲の維持を狙っています。

もともと”副”作用を利用していますので、食欲亢進作用があまり出ない子もいます。
 

ミルタザピン(レメロン)

ミルタザピンは薬品名で、レメロンという商品名で人体薬として錠剤が流通されています。
 

【作用・特徴】

本来は、ノルアドレナリン・セロトニン作動性の抗うつ剤で、精神疾患時に処方されるお薬です。

ノルアドレナリンやセロトニンというホルモンは、ストレスや精神状態に深く関わっています。

例えばストレス(負荷)やイライラが溜まった時に、“暴飲暴食”をする事はありませんか?

ノルアドレナリンやセロトニンが作用すると、食欲の亢進が生じるという作用を利用した方法です。

日本では錠剤のみが流通しています。海外では注射薬や外用薬(軟膏)もあるようです。

1日1回の投与が一般的ですが、腎疾患を抱えている子の場合は、2日に1回に減らします。
 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました