広告 フード・サプリ 獣医学コンパクトガイド

【レトルトパウチVS缶詰】キャットフードの包装、何に注意すべき?


ウェットフードの形状、レトルトパウチ缶詰

製品の品質、保存性、および安全性に多少の違いをもたらす可能性があります。

以下にその主な違いを詳述します。

 

 

品質と保存性

レトルトパウチ

レトルトパウチで包装されたウェットフードは、高温短時間(HTST)処理によって殺菌されます。

この方法は、パウチ内のフードを効率的に加熱し、栄養素の損失を最小限に抑えることができるため、品質の維持に優れています。

また、柔軟なパッケージは軽量で、開封が容易であるため、利便性が高いと言えます。

 

缶詰

缶詰のウェットフードは、通常、より長い時間をかけて加熱処理されます。

これは、缶内の食品を完全に滅菌するためであり、非常に長期間の保存が可能になります。

しかし、この長時間加熱により、一部の栄養素が損なわれる可能性があります。

缶詰は光や酸素による劣化からフードを保護するため、未開封時の品質保持には優れています。

 

保存料と可塑剤

保存料

レトルトパウチと缶詰のウェットフードのいずれも、適切な殺菌処理が施されている場合、保存料を添加する必要はありません。

ただし、製品によっては品質を維持するために保存料が使用されることがあります。

 

可塑剤

可塑剤は、プラスチック材料を柔軟に保つために使用される化学物質です。

レトルトパウチはプラスチックやアルミニウムの層でできており、これらの材料に可塑剤が含まれている可能性があります。

一方、缶詰は金属製であり、内側には食品と反応を防ぐためのコーティングが施されています。

この部分にビスフェノールA(BPA)などの化学物質が含まれている場合があります。

ただし、多くのペットフードメーカーはBPAフリーの材料を使用しています。

👉愛犬・愛猫のために新鮮な野生の鹿・猪肉を毎月お届け!

 

安全性と環境への影響

安全性

どちらの包装形態も、適切に製造および処理されていれば安全です。

しかし、可塑剤やBPAの懸念に対応するため、安全性に配慮した材料選びが重要になります。

 

環境への影響

軽量で、廃棄時の体積も小さいため、レトルトパウチの方が輸送および廃棄の面で環境に優しいとされています。

缶詰はリサイクル可能ですが、そのリサイクル率は地域によって異なります。

 

結論

レトルトパウチと缶詰のウェットフードは、それぞれ独自の利点と潜在的な欠点を有しています。

品質、保存性、安全性、そして環境への影響を考慮して選択することが重要です。

可塑剤や保存料に関しては、具体的な製品によって異なるため、購入前に製品のラベルを確認することをお勧めします。

より具体的な情報が必要な場合は、製品のメーカーに直接お問い合わせいただくか、獣医学的な専門文献を参照してください。

 

-フード・サプリ, 獣医学コンパクトガイド