広告 病気とのお付き合い 読書記録・レビュー

「猫の腎臓病がわかる本」宮川優一 著◆おすすめ本◆

2023年8月30日

 

スキマ時間に読めるビジネス書
》「猫の腎臓病がわかる本」宮川優一 著

 

この本は一言でいうと…

飼い猫が慢性腎臓病になった時に、

不安を解消してくれる、正しい知識を与えてくれる本です。

 

》「猫の腎臓病がわかる本」宮川優一 著

 

情報を集める事によって不安が和らぐ

動物病院で獣医師から、慢性腎臓病ですと言われると

  • ステージは・・・
  • 治らない病気なので点滴と・・・
  • 食事療法は・・・

特に初めて高齢猫のケアをすることになった場合、

訳もわからず矢継ぎ早に、

たくさんの情報を浴びる事になりがちです。

 

  • 一体これからどんなことが起こるのだろう。
  • どれくらい一緒にいられるんだろう。
  • 費用はどれくらいかかるんだろう。
  • 何か根本的な治療法はないんだろうか…。

 

たくさんの疑問が生じ、疑問は不安になります。 

不安を解消するために必要なものが"知識"です。

 

"情報"を集約して"知識"に

動物の病気に限らず、疑問を解消する際には、

その疑問について書かれた本を、

1冊じっくり読むことが役立ちます。

 

病気に関する知識を得ようとする際、

書籍の選択が非常に重要です。

 

ネット上の記述、新聞や雑誌に掲載された記述は、

そのほとんどが"情報"であって、

役立つ"知識"になるとは限りません。 

 

医療情報は文献やレポートなど、

多くの"情報"が次々に発表されますが、

書籍化されたものは、

長年にわたって変わらない"知識"になっています。 

 

2020年に刊行された書籍ですが、

その内容が180度変わっているというものはありません。

 

慢性腎臓病ですと診断されたら、

お手元に置いて頂きたい1冊です。

 

》腎臓病の療法食選びに困ったら…

 

》【マックアダムズ チキン&ターキー】》猫の偏食克服を本気で目指すフード

 

》獣医師転職エージェント「VetAgent」

 

-病気とのお付き合い, 読書記録・レビュー