https://nekodoctor222.com

広告 獣医学コンパクトガイド 雑記ブログ

ちょっとマニアック☆「滅菌」「殺菌」「除菌」「消毒」「抗菌」の違い

 

用語定義目的使用例
滅菌すべての微生物(細菌、ウイルス、真菌、芽胞など)を完全に死滅させる完全な無菌状態を作る手術器具、注射器、研究室の器具
殺菌病原性のある細菌を死滅させる有害な細菌を無害なレベルまで減らす手洗い用石鹸、台所用洗剤
除菌特定の場所や物から微生物を取り除く微生物の数を一定のレベルまで減らすアルコールシート、掃除用スプレー
消毒病原性のある微生物を減少させて感染リスクを下げる感染リスクを低減傷口の消毒液、トイレ用の消毒スプレー
抗菌微生物の繁殖を抑える微生物の増殖を防ぐ抗菌加工の食器、抗菌ベッド
「滅菌」「殺菌」「除菌」「消毒」「抗菌」の違い

 

ペットの健康管理に役立つ「滅菌」「殺菌」「除菌」「消毒」「抗菌」の違い

厳密には、これらの用語には違いがありますが、

日常生活ではここまで厳密に意識する必要はありません。

試験勉強のための知識みたいですが、それぞれの違いを分かりやすく説明します。

 

1. 滅菌(めっきん)

滅菌とは、すべての微生物(細菌、ウイルス、真菌など)を完全に死滅させることです。

医療現場や研究室で使用される手法で、例えば、手術器具は滅菌処理されています。

滅菌は最も徹底した清潔手段(状態)です。

 

2. 殺菌(さっきん)

殺菌は、病原性のある細菌を死滅させることです。

すべての微生物を完全に除去するわけではありませんが、

有害な細菌を無害なレベルまで減らします。

手洗い用石鹸や台所用洗剤などで「殺菌」と表示されているものは、この目的で使用されます。

 

3. 除菌(じょきん)

除菌は、特定の場所や物から微生物を取り除くことを指します。

例えば、テーブルやペットの食器を拭くときに使うアルコールシートなどが「除菌」効果を持ちます。

完全にすべての微生物を取り除くわけではありませんが、一定の数まで減らします。

 

4. 消毒(しょうどく)

消毒は、病原性のある微生物を減少させて感染リスクを下げることです。

滅菌に比べると範囲が広く、殺菌や除菌も消毒の一部と考えられます。

例えば、傷口に使う消毒液やペットのトイレの掃除に使うスプレーなどがあります。

 

5. 抗菌(こうきん)

抗菌は、微生物の繁殖を抑えることを意味します。

抗菌加工が施された製品は、微生物の増殖を防ぐ効果があります。

例えば、抗菌作用のあるペット用食器やベッドなどが市販されています。

 

まとめ

  • 滅菌:すべての微生物を完全に死滅させる。
  • 殺菌:病原性のある細菌を死滅させる。
  • 除菌:特定の場所や物から微生物を取り除く。
  • 消毒:病原性のある微生物を減少させる。
  • 抗菌:微生物の繁殖を抑える。

厳密には、これらの用語には違いがありますが、

日常生活ではここまで厳密に意識する必要はありません。

違いがあるって聞いたことがある、という程度で充分です。

 

「見た目」も「空気」も美しく。おしゃれな消臭剤「cleairy(クレアリー)」

 

-獣医学コンパクトガイド, 雑記ブログ