広告 読書記録・レビュー

『「生きものたちと仏教のはなし」華園真慶(はなぞの しんきょう) 著』を読んで。◆読書記録◆

2023年9月1日

 

スキマ時間に読めるビジネス書
私の読書。付箋と赤鉛筆は必須アイテム

 

この本は一言でいうと…

獣医学部を卒業した僧侶の著者が、人間と人間以外の動物の生命について、どう向き合っていくか。

その考え方の一つを、仏教の観点から教えてくれる本です。

 

》生きものたちと仏教のはなし 華園真慶

 

生きものを殺さずに生きていけるか

仏教には生き物を殺してはいけないという『不殺生』の教えがあります。

著者は、そのような戒めは守れないと言う。

獣医学部で動物実験も行ったし、

普段食べているものは動物、植物、様々な生命の恩恵だと。

 

仏教の戒めである「不殺生」の本質は、

"生き物を殺してはいけない"という事ではなく、

"生き物を殺さないで生きる事はできない事に気づく"こと

だと、教えてくれます。

  

犠牲となった生きものへの感謝

犠牲となった生きものへの感謝、敬意をしめす行為が、

「合掌」と「いただきます」「ごちそうさまでした」の言葉。

 

食べ物を粗末にすることなく、

食べ残すことなく、美味しくいただく。

 

食育などの難しい言葉でなくても、

小さい頃から大人に教えられた、

命への向き合い方を再認識させられます。

  

伴侶動物 ~Companion Animal~

動物実験などで犠牲になった生きものの慰霊碑を建立したり、

鎮魂祭を開催するという文化は、

意外にも諸外国ではあまり見られない光景だとのこと。

 

日本人は、動物も同じ世界に住む仲間という考え・動物観が強いようです。

 

著者が僧侶なので、こんな話題にも話が及びます。

『ペットと同じお墓に入りたい』

『この子も極楽浄土に行けるのですか?』

 

浄土真宗では、人間以外の動物は一段低いレベルの存在であり、

人間と同様に扱うことは出来ないと考えられていたけれど、

実際はどうなのか・・・?

 

著者の考えを、ぜひ読み取って下さい。

》生きものたちと仏教のはなし 華園真慶

個人的には、納得度89%の回答だなと感じました。

 

 

》感謝の気持ちを伝えるペット葬儀

 

 

 

-読書記録・レビュー