猫の慢性腎臓病 ~ステージによる食事の使い分け~

療法食・サプリ

ステージ別、症状別、猫用腎臓病療法食の使い分けをまとめました。

慢性腎臓病と診断されていない場合

獣医師から慢性腎臓病と言われていませんが、
7歳になって、食事に気を付けるとしたら何がお奨めですか?

クレアチニンやSDMAなど、血液検査で異常がない場合は、
まずは老齢のサインがあるかをチェックしましょう

老齢のサイン

  • 高いところに上らなくなった
  • 痩せてきた。体重が落ちてきた。
  • 毛づくろいをする時間が減った。
  • あまり遊ばなくなった
  • 便が硬くなった
  • 水をたくさん飲む/尿の量も増えた

老齢のサインがない場合は、シニア用のフードに少しずつ切り替えるのがお奨めです。

 

 

老齢のサインがある場合は、早期腎臓サポート系のフードを推奨します。

↑ネット販売はありません。(動物病院対面の処方食)

ヒルズの早期アシストは、缶詰め製品もあるのですが、現在、長期欠品中です。

ステージⅠ(※クレアチニン <1.6mg /dL、※SDMA <18μg /dL)の場合

クレアチニン、SDMAの検査は複数回行い、基準値内であっても、持続的に上昇がある場合にはステージⅠと判断します。

BUNの上昇がないか? 尿比重の低下がないか?確認

BUNの上昇、尿比重の低下がない場合は、

クレアチニン値が2.0mg /dLまでであれば、早期サポート系のフードを利用します。

ドライフードが主体の猫さんの場合、今後、水分摂取量が足りなくなる可能性も出てきます。

ウエットフードの比率を高くしたり、”食べる点滴”とも言われる、ゲルタイプの脱水ケアを試してみるのも良いと思います。

 

お歳をとっていくと、フードの容器は少し高めにしてあげると、上下運動が楽になり、首の負担が和らぎます。

猫壱のハイタイプ、フードボウルは倒れづらく、ウォーターボウルは目盛り付きで飲水量を把握できます。

今後、腎臓病が進行した場合、飲水量が多くなりますが、そのサインに早く気付くことができます。

  

ステージⅡ(クレアチニン 1.6-2.8 mg/dL、SDMA 18-25 μg/dL)の場合

猫の腎臓病の食事療法は、ステージⅡから推奨されています。

  • 体重の変化
  • 多飲・多尿
  • 脱水
  • 便秘 などの有無、一般状態を注意して観察してあげてください。

ステージⅡから、一般的な腎臓病療法食は推奨されます。

👇療法食を一覧にしたページがありますので、ご覧ください。

 

ステージⅢ (クレアチニン 2.9-5.0 mg/dL、SDMA 26-38 μg/dL)の場合

ステージⅢになると、

  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • ずっと、だるそうに寝ている

といった徴候が増えていきます。

体重の変化には特に注意してあげてください。

体重は○○kgが良いという基準ではなくて、変化を確認します。

ヘマトクリット値(Ht, PCV)リン(P, PHOS)の数値もチェック

血液検査は定期的に行っていると思います。BUNやクレアチニン、SDMAのほか、

貧血の有無(ヘマトクリット値)やリンの数値もチェックしておきましょう。

 

腎性貧血

腎臓では、”エリスロポエチン”という血液を作る素が作られます。腎臓の機能が落ちると、貧血が起きることが多々あります。

猫はほかの動物に比べ貧血に強いので、よほど貧血が進行しない限り、フラフラになって倒れるという事はありません。

貧血の改善、予防のために鉄剤や、ビタミンB群の補給を行うこともあります。

 

高リン血症

本来、尿に捨てられるはずのリンが血液の中に溜まっている状態です。リンとカルシウムは体の中反応しあうので、骨のカルシウムが溶け出してしまったり、血管を傷め血栓の原因となったりします。

血中リン濃度の基準値は、概ね7-8 mg/dLですが、慢性腎臓病を患っている猫の場合では、5.0mg/dL以下だと安心です。

リンは食事中の”うま味”成分なので、リンが制限してある腎臓病用療法食の使用が難しい場合は、リンの吸着剤を通常フードに混ぜて、なるべく体内に吸収させないようにする方法も行います。

ステージⅣ (クレアチニン >5.0 mg/dL、SDMA >38 μg/dL)の場合

ステージⅣの慢性腎臓病の猫さんの食事療法には、”答え”がありません。

学術的に”良い事”が、必ずしも猫さんにとって良い事ではない事が多々あります。

このステージになると、食事療法の目的が変わってくるかもしれません。

  • 体重を維持する事
  • 食欲を維持する事
  • 美味しそうに食事を摂る事

飼い主さんによって、何を重視するかによって、提案する方法が変わります。

3つすべて満たせることは、なかなか難しいかもしれません。

美味しそうに食事を摂ることが最優先であれば、療法食ではなく、若いころから大好きだったものを食べられる分だけあげる、という方法になると思います

体重を維持することが最重要であれば、スープ食・流動食をシリンジで与える介助という方法もあるかと思います。

食欲を維持して自分で食べる事が最重要であれば、ミルタザピンやステロイドなど、薬を使う事も間違った方法ではありません。

それぞれのお家で重要にしていることが違うので、SNSなどで、やっている事や使っているものが違っていても、比較する必要は全くありません。「ヨソはヨソ。ウチはウチ」と、考えましょう。

どうしても心配になったら、かかりつけの獣医師・動物病院も相談に乗ってくれるはずです。

 

甲状腺機能亢進症を併発している、タンパク尿がある、慢性心疾患をもっている、尿結石がある・・・など、実際にはステージ分類だけでは説明できない要素が加わる場合も多々あります。療法食選びには、かかりつけの動物病院スタッフとの関りも大切にしてください。

Follow me!

ZEROどうぶつクリニック

〒136-0072
東京都江東区大島1-30-14
コーポ川上1F
03-5626-3335

完全予約制ですので、
必ずお電話またはLINEメッセージ(友だち登録後)でのご予約をお願いします。https://lin.ee/obgrNfn

診察中・手術中など、
電話に出られないことがあります。

療法食・サプリ腎臓病関連
山本 健二をフォローする
【公式】江東区 ZEROどうぶつクリニック(西大島駅近く)

コメント

  1. […] 腎臓病用療法食、セミントラやラプロスといった投薬は、ステージ2から検討しますが、かなり重度になってから発見となるケースも多いです。 […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました