病気とのお付き合い

【おすすめ?】猫の病気で動物病院が提案するサプリって、どんなもの?(獣医師執筆)

医薬品ではなく、サプリメントを奨める病院って、どうなの?

 
動物病院でお薬ではなく、サプリメントを奨められました。

治療にサプリメントを積極的に使う事のメリット・デメリットは何ですか?

 

 

原則、医薬品で治療するのがセオリーだと思います。

ただし、有効な治療薬が無い場合や、再発予防のために、サプリメントを選択肢の一つとして提示する場合もあります。

💊サプリメントのメリットは・・・

  • 重大な副作用が少ない(過剰摂取には注意)
     
  • ネット販売など、手に入れやすい
     
  • 効果を実感できるものもある
     

 

💊サプリメントのデメリットは・・・

  • 効果が不明(医薬品として承認されるレベルのデータを出していない)
     
  • 医薬品に比べ、高価なものが多い
     
  • 効果を実感できない場合がある
     

 

動物病院でお奨めするサプリメントの特徴は何ですか?

 

獣医療の分野では、毎月毎月、新しいサプリメントが新発売されています。

1年も経たないうちに、すぐに消えていくサプリもありますが、10年、20年と、ロングセラーなサプリメントもあります。

名前を聞いただけで、そのサプリの特徴が言えるような商品は、選択肢に挙げやすいと感じます。

 

猫用に販売されているロングセラーなサプリメント

歯肉のサポートに

歯肉・口の中のサポートに提案されるロングセラーなサプリメント

森乳サンワールドの、ラクトフェリ(森乳サンワールド)

森乳の乳製品に対する技術は、獣医療界では一目置かれる存在です。

動物園で人工飼育されるミルクを、どんな動物用にも作っちゃうんです

主成分ラクトフェリンが、歯肉・口の中の環境をサポートします。

猫に与えやすい粉末状のサプリです。

  

腎臓のサポートに

腎臓のサポートには、吸着剤がよく利用されます。

腎臓のサポートには、色々な角度からアプローチがあるので、獣医師と相談していただいた方が無難です。

ネフガードは、老廃物(窒素化合物)の吸着に利用されるサプリメントです。

血液中にたまる老廃物を、活性炭を利用して吸着し、便で排泄させるサプリメント。

活性炭は、日本では古くから使われていて、歴史が長い製品ですが、欧米では、活性炭はあまり利用されなくなってます。

 

その他の、吸着剤については、

☟こちらをご覧くださいませ。

こちらもチェック

 

膀胱のサポートに

膀胱のサポートに、サプリメントが提案されることがあります。

グルコサミンや、クランベリーの抽出物が多用されています。

尿路系へ働きかけるロングセラーサプリは、ゼンラーゼU-CATという商品があります。

有機酸フマル酸が、尿pHの調節に役立ちます。

小粒のタブレットですが、チーズ味なのであまり嫌々食べている感じはありません。

砕いて粉々にしても大丈夫です。

ゼンラーゼU-CAT

 

関節のサポートに

関節系のサプリは、かつては大型犬用に販売されていましたが、スコティッシュホールドやマンチカンなどの猫が増えたこともあり、色々な選択肢が増えています。

☟そんな中、ロングセラーな関節系サプリはプロモーションカプセル

グルコサミンとコラーゲンが関節をサポートします。

まぐろ味で、猫さんがほとんど嫌がりません。

カプセルから出してもOK。

ウエットフードや、ちゅーるに混ぜてあげられます。

 

プロモーションカプセル

 

猫さんのサプリは、できれば錠剤ではなく粉か液体が良いと思います。

粒のままパクパク食べてくれるのならよいのですが、飼い主さんが猫の口を開けて粒を入れる…

これを毎日続けるのは、ココロが折れる事が多いと思います…。

 

慢性的なお腹のサポートに

特に若齢の猫さん。

腸活の一環として、乳酸菌や食物繊維を利用する場合があります。

ロングセラーな製品にマイトマックス・スーパーがあります。

胃酸で分解されない、腸にしっかりと届くペディオコッカス菌。

カプセルタイプなので、ウエットフードやちゅーるに混ぜられます。

猫さんにも与えやすいです。

熱に強いため温めたフードに混ぜることも可能です。常温保存も可。

 

マイトマックス・スーパー

 

肝臓のサポートに

猫の肝臓のサポートは、

選択肢が少なく、なかなか難しく感じています。

修復を促す成分として「SAMe(サミー)」という物質が、

昔からよく利用されています。

肝機能を維持する成分としてSAMe配合。

粒状のサプリで、猫さんには難しいかもしれませんが、砕いて粉状にすることもできます。

猫はタウリンが不足しがち。タウリンは肝臓の働きをサポートします。

 

サイペット リバガード

 

 

アンチエイジング系

EPAやDHAは、全身を巡る血管、血液の健康維持をサポートします。

青魚の成分として有名なDHAとEPA。

ソフトカプセルで、そのまま食べてくれれば良いですが、はさみでカプセルを開けて、液状の中身をウェットフードに混ぜることも可能です。

酸化しやすいので、カプセルを開けたらなるべく早めに摂取してほしいです。

 

パラソル ヘルスケア 高濃度DHA&EPAケア

 

まとめ

動物用のサプリメントを選ぶ基準として、古くから生き残っているロングセラー商品は安心してお奨めできます。

次々と動物用のサプリメントが、製品化されていますが、人知れず消えていくサプリメントも数多くあります。

10年、20年と生き残っているサプリメントは、飼い主さんからも、獣医師からも、信頼を勝ち得ているのだと思います。

 

-病気とのお付き合い