(✓ココをチェック)~前回の検査と比べてBUNが上がったとき~ 猫の慢性腎臓病

腎臓病関連

猫さんの慢性腎臓病は、
ステージが2~3であれば、
投薬や食事療法もしながら、
お家で猫さんの一般状態
(食欲脱水の有無便の状態体重の変化被毛の状態)を
経過観察していくことになります。

平和な日々が続いていたある日、
定期検査でBUNが30前後だったのが、
50くらいに上昇することがあります。

「参ったな…」「ヤバいな…」と
若干パニックになりますが、
一回深呼吸して、結果の解釈を整理しましょう。
 
対策のお手伝いができると嬉しいです。

そもそもBUNとは?

腎臓病の検査うち、血液検査の項目は、
腎機能が落ちると身体に溜まる物質
BUNCre(クレアチニン)、P(リン)の
上昇をチェックする事が多いです。
 
BUNは、血中尿素窒素と言います。
 
尿素窒素は血液に溜まっていくと尿毒症という危険な状態になるので、
できる限り溜まらないように、
特に尿から排泄する必要があります。
 
腎機能が落ちると、
尿からの排泄量が少なくなり、
血液中に溜まってしまいます。
これがBUNが上昇した状態です。
 
簡単に考えると、BUNの数値が上昇した場合、
考えられるのはどちらかです。

  • 尿素窒素の量(割合)が増えた
  • 尿素窒素の排泄が減った

  

腎機能の低下以外でもBUNは上がる

腎機能の悪化以外にもBUNが高くなる事があるので、
見落としてはいけない原因も同時に考えます。

  • 脱水
  • 血液の循環不全(心臓病や低血圧)
  • 排尿障害(膀胱炎・尿石症など)
  • 食後の採血
  • 高たんぱく食
  • 消化管(腸)内での出血
  • 発熱

他に見ておいた方が良い項目

血球計算(赤血球系)

  • ヘマトクリット値(PCV)…貧血の有無

腎機能低下の場合、腎性貧血が見られる場合があります。
腎性貧血は必ず起こるものではありません。
腸からの出血も、ひどい場合には貧血を起こすことがあります。

  • 網状赤血球数…作られたばかりの若い赤血球

腎性貧血の場合、貧血しているのに新しく赤血球が作られていない事もあります。
単純な出血などで貧血している場合は、新しい赤血球をどんどん作って、
貧血を改善させようとする反応が見られます。(再生像といいます)
 

血球計算(白血球系)

体の中で炎症が起きると、免疫機能が活発に働く状態になり、
身体がたんぱく質を多く使う状態になります。
たんぱく質が使われると血液中のBUNの上昇が見られます。
 
炎症が起きているかどうかは、白血球の検査で調べますが、
白血球は10000とか20000といった総数ではなく、
それぞれ分類された数を見ることが必要です。
(炎症の種類を区別するため)

  • 好中球数(感染や腫瘍などで増減)
  • リンパ球数(免疫系の病気やリンパ腫などの腫瘍で増減)
  • 好酸球数(アレルギーや免疫の病気で増減)
  • 単球数(炎症の時間的経過で増減)
  • 好塩基球数(免疫系の病気で増減)

極端な話、白血球の総数が10000で、そんなに高くなくても、
その10000個が全部リンパ球の場合は、リンパ腫や白血病などを疑う数字になります。
白血球の総数が50000でも、好中球と単球が多い場合は、
炎症の終わりかけ(治癒に向かっている最中)かも、という判断をする場合があります。
白血球総数は、特に動物の血液検査では信用できません

血液化学検査項目

TP,ALB,GLOB…血液中のたんぱく質。
脱水の指標、蛋白漏出(蛋白尿など)の指標、炎症の指標となります。

Na,K,Cl…電解質。体液のバランスの指標。
特にK(カリウム)は腎臓の状態によって、過剰になったり不足したりします。

甲状腺ホルモン(T4)

メルカゾールや、チロブロックといった、
甲状腺機能亢進症のお薬を飲んでいる猫さんは、
必ず甲状腺ホルモンのチェックを行います。
※甲状腺のお薬が効きすぎると、腎臓への血流が少なくなりBUNが上昇します。

食欲はあるのに体重が落ちているという症状がある場合も、
甲状腺ホルモンをチェックします。

今までの経過にもよりますが、甲状腺ホルモンは、
基準値内であればそれに越した事はないですが、
あまり基準値内にこだわり過ぎない方が良い事もあります。
担当の獣医師とよくご相談下さい。

尿検査
(比重・潜血・尿蛋白)

  • 尿比重…尿の濃さを測る指標です。数字の変化(前回との比較)を観察します。
  • 潜血・結晶…膀胱炎を起こしている場合があり、腎臓病の悪化要因となります。
  • 尿蛋白(UPC:尿蛋白クレアチニン比)…慢性腎臓病の悪化要因です。
    特にフォルテコールやセミントラを飲んでいる場合には、気にしておいた方が良い項目です。

 

血圧測定

高血圧の場合は、BUNは低くなる傾向がありますが、
慢性腎臓病の場合は、BUNの上下に関わらず定期的にチェックします。

体重の変化

基本中の基本です。
体重の変化(特に体重減少が怖い)は、どんな血液検査よりも、
身体の状態を鮮明に反映していると思います。

使用している薬・サプリの再考

腎機能が落ちている場合、腎臓を通って排泄される薬は量を減らして使う必要があります。
長く飲み続けているお薬があれば、一度、処方・用量が今の状態に適している獣医師に確認してもらって下さい。
 
サプリメントも、摂取するタイミング(投薬との間隔など)を、念のため獣医師に確認して下さい。

食べ物・飲水量のチェック

BUNは食べ物の中のたんぱく質の量で上下するので、
食べる物が変わるとBUNの数字は変化することがあります。
 
ただし、気をつけておかないといけないのは、
たんぱく質は、血となり肉となり、免疫の役割をしたり、
身体を作っていく材料になる物質ですので、
完全な制限は絶対に止めて下さい。
 
”良質の”タンパク質を摂るようにして下さい。

数字の上下に一喜一憂しない

検査結果の数字は、採血したその瞬間の血液の状態に過ぎません。
とくにBUNは、ちょっとした事で上下しやすい項目です。
採血に手間取っただけ(溶血)でも若干上昇します。

慢性腎臓病の猫さんの治療のゴールは、検査の数字を良くすることではなくて、
猫さんも、飼い主さんも、苦痛なく長い時間を共有できることだと思います。

薬を飲ませるために、泣きながら朝・晩1時間格闘したり…
1週間毎に検査をして結果の数字に一喜一憂したり…と、
あまり自分自身を追い詰めないようにしてほしいです。

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました