★老齢猫でも食べる力を維持しよう★

(2020.10.8 up date)

ネコさんにとって、一番の幸せな時間は???と考えると、

やっぱ  「食」の時間 かな~と思います。

食べる力を維持するためにできること・・・

食べられる力を維持するために、重要度が高いのが歯周病の予防

全身麻酔が可能であれば、

歯石除去やクリーニングといった歯科処置を

“初老の時期”にやっておくのも、後々を考えると良いでしょう。

我が家の猫キャンちゃんは、17歳の時に全身麻酔下で歯のケアを行いました。

その後、腎臓病を患いましたが、亡くなる日の朝ごはんも、食べていました。

最後まで強制給餌をしなくて済んだのは、飼い主として、ありがたかった。

闘病生活を後からふり返った時、

強制給餌は、良い想い出にならない事が多いのです。

【関連記事】

『★(猫編) 歯磨きができないんですけど、どうしたらいい?歯磨き必要?何かおやつかグッズ無い?★』
ども、こんにちは 今日は休診日です。  診察の中で、ほぼ毎日ご相談を受けるのが、「歯磨き」について 特に歯の磨き方についてのご質問は多いのですが、「こうすれば…

Follow me!

ZEROどうぶつクリニック

〒136-0072
東京都江東区大島1-30-14
コーポ川上1F
03-5626-3335

完全予約制ですので、
必ずお電話またはLINEメッセージ(友だち登録後)でのご予約をお願いします。https://lin.ee/obgrNfn

診察中・手術中など、
電話に出られないことがあります。

ウエルネス療法食・サプリ腎臓病関連
山本 健二をフォローする
【公式】江東区 ZEROどうぶつクリニック(西大島駅近く)

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました