【時期は?キット?PCR?】猫のエイズ・白血病ウイルス検査の結果解釈

ウエルネス

子猫の里親探しの過程で、ウイルス検査を行う場合が多いです。
検査キットによって、陰性・陽性の結果は出ますが、
結果を正しく「解釈」するという事が必要な場合もあります。
こんなはずじゃなかった…とならないように、色々なパターンに分けて、
検査結果の解釈を解説致します。

ウイルス検査は1頭やっておけば大丈夫?

母ネコの捕獲予定で、子猫が複数保護される場合もあります。

兄弟間で違う結果が出ることは多々あります。

理由は、

  • 本当は兄弟でないかもしれない
  • 子猫や、保護されてすぐの検査は、結果が変わる事がある。

 

①は、ずっと様子・面倒を見ている子で、

絶対に同腹猫だよという事でしたら心配ありません。

 

ちょっとややこしいのは②のケースです…

猫のエイズウイルス検査は抗体

白血病ウイルスは抗原、を検出する検査です。
 

抗体…エイズウイルスが身体の中に入った時に、
    ウイルスをやっつけようとする攻撃タンパク(武器)
    生後4か月以下の子猫は、母猫由来の「移行抗体」を持っている場合がある。


抗原…白血病ウイルスの本体成分(ウイルスの部品のようなもの)

陰性(-)が陽性(+)に変わる事がある

猫エイズウイルスの場合

検査をした時点でエイズウイルスに感染していたけれど、

身体の中で抗体がまだ作られていなかった(感染から2か月以内での検査)

 

猫白血病ウイルスの場合

検査キットで判定できるほどの量(抗原の量)が、

身体(血液中)に回っていなかった。

 

陽性(+)が陰性(-)に変わる事がある

猫エイズウイルスの場合

母猫由来の移行抗体によって検査キットが陽性になった(生後4か月以下の子猫)。

成長して、移行抗体がなくなったので、陰性になった。

体の中に抗体があっただけで、エイズウイルス感染は無かった場合。

 

猫白血病ウイルスの場合

猫白血病ウイルスに感染したものの、身体の免疫作用で身体から排除された。

箇条書きにすると・・・

 

  • 猫エイズ猫白血病のウイルス検査では、陽性が陰性、陰性が陽性に変わる事がある。
  • 猫エイズウイルスは、感染から検査キットが反応するまで約60日かかる。(-が+になる事がある)
  • 猫白血病ウイルスは、感染から検査キットが反応するまで約30日かかる。(-が+になる事がある)
  • 猫エイズウイルスの母猫由来の移行抗体は生後4か月まで残っている場合がある。(+が-になる事がある)
  • 猫白血病ウイルスは、身体から排除される場合がある。(+が-になる事がある)
  • 猫エイズウイルスは、基本的に一度感染すると、身体の外には排除されない。(抗体がある=ウイルスが身体の中にいる)

対処法

時間に余裕がある場合は、保護時に検査を行い、

2か月以上経過して、再検査を行う方法が理にかなっています。

2回の検査結果が同じ判定の場合はその結果は信頼できると思います。

 

「陰性と言われたのに、調子が悪くなって再検査したら陽性だった」というケース(トラブル)もありますので、

検査時のおおよその月齢、もしくは体重などを記載してもらって、

検査結果が不正確な場合もある旨を伝えておくとよいと思います。

 

PCR検査について

猫エイズウイルスPCR検査

感染後1か月以上経過していれば、検出可能です。(院内キットの場合は2か月)

エイズウイルスのワクチンを注射した猫さん(抗体を持っている)でも検査可能です。(院内キットの場合は陽性になります)

 

猫白血病ウイルスPCR検査

ウイルスが身体の中で変化(変異)している場合や、新しい株のウイルスの場合、

陽性なのに陰性となる場合があります。

PCRで陽性であれば感染を確認できます。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました